ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
ヘパティメージ®99mTc製剤
Q.肝胆道系描出の機序は?
F080808
A.

99mTc-PMTは、静脈内投与されると、迅速に血中から消失し、肝・胆道系へ移行した後小腸へ排出されます。腸管からの再吸収(腸肝循環)は認められず、また、尿中排泄は少ないです。血清ビリルビンに対する低い拮抗性を有し、高度黄疸例にも適用することができます1)

【参考文献】
1) ヘパティメージ注 添付文書(改訂4版), 2014
mfaq220
Q.尿中排泄率は?
F080808
A.

血中総ビリルビンが1.0mg/dL以下の肝胆疾患患者9例に99mTc-PMTを74~185MBq 静注したときの累積尿中排泄率は投与後2時間で2.10±0.91%でした1)
また、健常者2例に99mTc-PMT 92.5~185MBqを静注したときの累積尿中排泄率は、投与後90 分で2.1±0.3%でした2)

【参考文献】
1) 渡辺 幸康 他 : 核医学 9 : 1589-1593, 1982
2) 大竹 英二 他 : 画像診断 3 : 265-270, 1983
mfaq221
Q.前処置として絶食の必要性について情報はありますか?
F030842
A.

新生児肝炎と胆道閉鎖症の鑑別等、腸管排泄能のみの評価でよい場合は、絶食は特に必要ないとされています1)
ただし、ヘパトグラム解析等一定条件下で検査を行いたい場合や、胆嚢描出の有無、胆嚢収縮能を確認したい場合は、食事により胆嚢が収縮し99mTc-PMTによる胆嚢の描出が抑制されることを防ぐため、最低4~6時間以上の絶食が必要と考えられています1,2)

【参考文献】
1) 對間 博之 他 : 超実践マニュアル核医学 p.182-188, 2016
2) 久田 欣一 他 : 最新臨床核医学 第3版 p.413, 2000
mfaq222
Q.腎臓、尿路系に集積した情報はありますか?
F050838
A.

健常者においても腎-尿路系への排泄があります1)
また、高度の肝障害や胆道閉鎖症がある場合、肝集積が低下することから腎排泄が増加し、腎臓・腎盂・尿路が描出されます2)。文献では、総胆管嚢腫3)、急性肝炎・胆嚢癌の肝内転移4)等で報告があります。

【参考文献】
1) ヘパティメージ注 添付文書(改訂4版), 2014
2) 渡邊 克司 他 : 診療放射線技術選書8 放射性同位元素検査技術 p.366-370, 2000
3) 杉村 和朗 他 : 日本医学放射線学会雑誌 43:1205-1213, 1983
4) 森本 義人 他 : 核医学 20:1361-1369, 1983
mfaq223