ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
クリプトン(81mKr)ジェネレータ サイクロトロンRI製剤
Q.ガス溶出時に加湿が必要なのはなぜですか?
F130516
A.

添付文書1)の【取扱い上の注意】<肺機能検査/肺換気シンチグラム>(一部抜粋)には以下のように記載しています。

2.クリプトン(81mKr)吸入用ガスを溶出する場合は湿気を含ませた酸素又は空気を導入すること(カラムの乾燥による溶出率低下の防止)。
      加湿に際しては、衛生面には十分に留意すること。
      乾燥した酸素又は空気を導入するとカラムが乾燥し、クリプトン(81mKr)吸入用ガスの溶出率が極度に低下する。

【参考文献】
1) クリプトン(81mKr)ジェネレータ 添付文書(改訂6版), 2014
mfaq070
Q.ガス溶出時にカラムを湿らせる目的で生理食塩液を使うことはできますか?
F160514
A.

添付文書1)の【取扱い上の注意】<肺機能検査/肺換気シンチグラム>(一部抜粋)には以下のように記載しています。

3.溶出率が低下した場合は、注射用水等の非電解質注射液を導入し、カラムの湿潤状態を回復させること。

     生理食塩液等の電解質注射液を用いると81Rbがカラムより遊離し溶出するので絶対に用いないこと。

【参考文献】
1) クリプトン(81mKr)ジェネレータ 添付文書(改訂6版), 2014
mfaq071