ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
パーヒューザミン®サイクロトロンRI製剤
Q.脳への集積機序は?
F080155
A.

123I-IMPの脳への集積機序は、脳内での血管内/脳実質組織のpH勾配、脂質/水分配係数並びに脳及び脳内毛細血管内膜に局在する相対的非特異的な高容量アミン結合部位への親和性などの作用が複合しているのであろうといわれています1)

【参考文献】
1) パーヒューザミン注 添付文書(改訂8版), 2016
mfaq090
Q.尿中排泄率は?
F180156
A.

健常成人男性2例に123I-IMP 111MBqを投与し、尿中排泄率を測定した結果、0~6時間で1.6%、6~24時間で26.3%であり、0~24時間での累積尿中排泄率は27.9%でした1)

【参考文献】
1) 関 宏恭 : 金沢大学十全医学会雑誌 95:279-294, 1986
mfaq091
Q.開眼・閉眼による画像への影響について情報はありますか?
F130153
A.

日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会「核医学診断ガイドライン2008」1)の「Ⅰ中枢神経系 1.脳血流シンチグラフィ(SPECT)」には以下の記載があります。

(3)検査法

 (C)撮像法
脳血流は動脈血CO2分圧や神経活動により変化しやすいため、投与は安静臥床して閉眼にて行い、撮像までできるだけ安静を保つ。

 

他に、閉眼で視覚野の血流が低下し、光刺激で視覚野の血流が増加したとの報告2)があります。

【参考文献】
1) 日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会 : 「核医学診断ガイドライン2008」 p.4, 2008
2) Hill TC 他 : J Nucl Med 23:191-195, 1982
mfaq092