ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
インジウムDTPA(111In)注 サイクロトロンRI製剤
Q.脳槽、脳脊髄液腔への集積機序は?
F080211
A.

脳脊髄液は、その大部分が脳室系の脈絡叢から絶えず分泌され、脳室内を循環した後、Magendie孔及びLuschka孔より流出してくも膜絨毛から吸収され、脳静脈洞に還流します。脳脊髄液と生理的に類似した111In-DTPAをくも膜下腔に注入すると、生理的な脳脊髄液の流れに従い循環し吸収されるため、111In-DTPAを用いることにより、脳脊髄液の動態、脊髄くも膜下腔の形態を経時的に観察することができます1)

【参考文献】
1) インジウムDTPA(111In)注 添付文書(改訂5版), 2014
mfaq020
Q.排泄経路・尿中排泄率は?
F080211
A.

腎(糸球体)を経て尿中に排泄されます1)

 

成人男性患者3例に、111In-DTPA 37MBqを腰椎穿刺により投与し、尿中に排泄された放射能を測定しました。48時間までに排出された全累積放射能を100%としたときの各時間帯における尿中放射能の割合(%)は、血中濃度推移を反映して投与後5時間まではあまり大きくなく(11.6±1.3%)、5~10時間の時間帯で急に高くなりました(26.7±8.3%)。以後30時間まであまり変化はなく、30時間以降の排泄は少量でした(30~40時間:11.9±6.8%、40~48時間:7.2±4.3%)2)

【参考文献】
1) インジウムDTPA(111In)注 添付文書(改訂5版), 2014
2) インジウムDTPA(111In)注 インタビューフォーム(改訂5版), 2016
mfaq021
Q.脳脊髄液減少症で脳脊髄液腔シンチグラフィの検査プロトコールは?
F130201
A.

日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会「核医学診断ガイドライン2008」1)の「Ⅰ中枢神経系 4.脳槽シンチグラフィ」には臨床的意義として脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)が含まれており、検査方法として下記のように記載されています。

(3)検査法

 (a)放射性医薬品
111In-DTPA(diethylenetriamine pentaacetic acid)を用いる。

 (b)使用量、投与法
111In-DTPA 37MBqを腰椎穿刺により脊髄腔内(クモ膜下腔)に注入する。

 (c)撮像法
投与1、3、5、24、48時間後。必要に応じて72時間後を追加する。1時間では膀胱も含め撮像するが、必要に応じて全身像も撮像する。3時間以降では正面及び側面像を撮像する。コリメータは中エネルギー用コリメータを使用する。

 

なお、厚生労働科学研究で実施された「脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する研究」の報告書2)にもシンチグラフィの検査方法や評価方法について記載があります。詳しくは「厚生労働科学研究成果データベース閲覧システム」2)をご参照ください。

【参考文献】
1) 日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会 :「核医学診断ガイドライン2008」 p.12-13, 2008
2) 「厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業 脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する研究 嘉山孝正 H26年度総括研究報告書」脳脊髄液漏出症の診断・治療法の確立に関する研究計画書Ⅱ 7.2 画像検査法(厚生労働科学研究成果データベース閲覧システム:https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201419088A)(2019年3月現在)
mfaq022