ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
ヨードカプセル-123 サイクロトロンRI製剤
Q.甲状腺への集積機序は?
F080426
A.

ヨウ素は消化管から吸収され、血中へ移行します。血中へ入ったI(iodide ion)は、甲状腺の上皮細胞によって血中から能動的に取り込まれます。甲状腺はIを有機化し、T3及びT4に合成します。T3及びT4は濾胞腔にcolloidとして貯えられ、上皮細胞のpinocytosisにより再び細胞内に取り込まれ加水分解を受けた後、分泌されます。放射性ヨウ素は上記と同じ挙動を示すため、123Iによる甲状腺摂取率は甲状腺の機能状態の診断に、また、甲状腺シンチグラフィは甲状腺の形態等甲状腺疾患の診断における良い指標と考えられます1)

【参考文献】
1) ヨードカプセル-123 添付文書(改訂5版), 2016
mfaq110
Q.尿中排泄率は?
F080426
A.

経口投与された123Iの大部分は代謝されずヨウ化ナトリウムのまま尿中に排泄されますが、一部は代謝されてジヨードチロジンとなり尿中に排泄されます1)
甲状腺機能が正常(摂取率は最大15%)な成人における排泄率は、投与後1時間で7.9%、6時間で37.6%、24時間で76.1%でした2)

【参考文献】
1) ヨードカプセル-123 インタビューフォーム(改訂3版), 2017
2) Berman M 他 : J Nucl Med 16:857-860, 1975
mfaq111
Q.食事に対するヨード制限期間について情報はありますか?
F030401
A.

添付文書1)の【使用上の注意】「6. 適用上の注意」には以下のように記載しています。

検査前1~2週間は、ヨウ素を含む食物や甲状腺摂取率の検査に影響する薬剤は摂らせないこと。

【参考文献】
1) ヨードカプセル-123 添付文書(改訂5版), 2016
mfaq112
Q.甲状腺摂取率検査で、3時間値が24時間値より高くなった症例について情報はありますか?
F150403
A.

3時間値の方が高い場合はヨード制限不十分をまず第一に考えるとし、甲状腺機能亢進症でヨード代謝が非常に亢進しているときや、ヨード有機化障害による甲状腺ホルモン合成障害の際などでも同じ現象がみられることがあるとの報告1)があります。

【参考文献】
1) 久田 欣一 他 : 最新臨床核医学 第2版 p.134-137, 1991
mfaq113
Q.プランマー病で核医学検査を実施する場合の使用製剤や一般的な所見について情報はありますか?
F300022
A.

123Iと99mTcO4-による方法があると報告されています1)
プランマー病における甲状腺シンチグラフィ(123I、99mTcO4-)で、結節(腫瘤)に強い集積がみられた例が報告されています2)。また、「自律性にホルモンを分泌している結節はホルモンの材料となるヨードやテクネシウム(99mTcO4-)をナトリウム/ヨードシンポーター(Na+/I+symporter;NIS)によりTSH非依存性に濾胞細胞に取り込みます。ホルモン過剰となりTSHが抑制された状態では正常組織の取り込みは消失または低下するので、周囲組織との間に取り込み差ができて123Iまたは99mTcO4-で検出することができます」と記載している報告3)もあります。

【参考文献】
1) 小原 孝男 : 診断と治療 92:359-365, 2004
2) 原田 種一 : 甲状腺・上皮小体の画像診断 p.180-182, 1994
3) 深田 修司 : あなたも名医!外来でどう診る?甲状腺疾患 p.71-78, 2011
mfaq114
Q.異所性甲状腺腫で核医学検査を実施する場合の使用製剤や検査方法について情報はありますか?
F130424
A.

異所性甲状腺腫は舌根部に認められることが多いですが、99mTcO4-では唾液腺への分布と重なり判別が困難となることから、123Iが望ましいとしている報告1)があります。

ただし、小児については、99mTcO4-を優先的に行うことが多い1)、カプセルの内服が困難な場合は99mTcO4-で施行する2)、との報告もあります。

検査方法については、舌根部の異所性甲状腺腫疑いの場合は頸部側面像も必ず追加するとしている報告3)があります。また、SPECT/CTが有用との報告4)もあります。

【参考文献】
1) 佐々木 望 : 小児内科 17:582-585, 1985
2) 竹内 昭 他 : 核医学Q&A p.370-371, 2001
3) 日本放射線技術学会核医学分科会 : 放射線医療技術学叢書(23) 核医学における臨床技術 p.92-93, 2005
4) Hummel J 他 : Case Rep Radiol 2017:9084207, 2017
mfaq115