ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
クリアボーン®99mTc製剤
Q.骨への集積機序は?
F081241
A.

骨に取り込まれる機構の全容は明らかではありませんが、骨親和性物質の集積増加がみられる病変部には血流の増加があることが知られています。また、陰イオンとしての性質を有することから、骨のhydroxyapatite結晶にイオン結合することにより、骨、ことに骨新生の盛んな部分に多く集まるものと考えられています1,2)

【参考文献】
1) クリアボーン注 添付文書(改訂9版), 2015
2) クリアボーンキット 添付文書(改訂7版), 2016
mfaq150
Q.尿中排泄率は?
F081241
A.

各種骨疾患患者(男女 各3例)に99mTc-HMDPを370~925MBq静注後、30、60、120分及び180分のうち、2ないし3回採尿して、その放射能を測定した結果、尿中排泄率は、投与後2時間まで増加し、以後増加はほとんどみられませんでした。男女の違いは認めず、投与後2時間で約40%が尿中に排泄されました1)

【参考文献】
1) 芝辻 洋 他 : 現代の診療 23:701-705, 1981
mfaq151
Q.血中濃度の推移は?
F081253
A.

各種骨疾患患者について試験した結果、99mTc-HMDP投与後の血中クリアランスは投与後30分までは急速な減少を示し、それ以降はややゆっくりと減少しました(2時間後:約7%)1,2)

【参考文献】
1) クリアボーン注 添付文書(改訂9版), 2015
2) クリアボーンキット 添付文書(改訂7版), 2016
mfaq152
Q.正常集積部位は?
F151208
A.

[成人]
前面像では、前部頭蓋・顔面骨・下顎骨・鎖骨・胸骨・上前腸骨棘・恥骨など前面にある骨格部分がよく描出されます。後面像では、後部頭蓋・全脊椎骨・肩甲骨・仙腸関節・腸骨翼・坐骨など後面にある骨格部分がよく描出されます。脊椎骨と仙腸関節の取り込みはほぼ等しく、他の部位より集積が目立ちます1)。また、排泄経路が尿路系であるため、腎と膀胱も描出されます2)

 

正常像(40歳代、女性)
正常像 40歳代 女性症例
【症例報告者】 大阪市立大学 河邉讓治先生

 

[小児]
小児では骨成長端でのミネラルターンオーバーが盛んなことから骨端での集積が高いです3)

【参考文献】
1) 田邉 正忠 : 骨・関節の核医学診断 p.50-51, 1997
2) 牧 正子 : 腎と透析 43:915-917, 1997
3) 久保 敦司 他 : シンチグラムアトラス-正常像とピットフォール- p.122-138, 1997
mfaq153
Q.心臓が描出されたという文献報告はありますか?
F051218
A.

急性期心筋梗塞の障害部位やアミロイドーシス、炎症(心膜炎、心内膜炎、心筋炎)、石灰化(心膜の石灰化、弁の石灰化、腎不全や透析による石灰化)、心室瘤、狭心症で報告があります1,2)
また、前立腺癌3)、腫瘍の浸潤4)、心嚢液貯留5)、電気的除細動後6)等の文献報告もあります。

【参考文献】
1) 宮尾 賢爾 他 : 核医学 21:117-124, 1984
2) 久保 敦司 他 : シンチグラムアトラス-正常像とピットフォール- p.122-138, 1997
3) 田所 研一郎 他 : 日本冠疾患学会雑誌 10:212-215, 2004
4) Phillips CD 他 : Clin Nucl Med 12:899-900, 1987
5) 出口 清吾 他 : 血液・腫瘍科 22:594-599, 1991
6) Palestro CJ 他 : Clin Nucl Med 16:273-274, 1991
mfaq154
Q.四肢への集積が低下したという文献報告はありますか?
F051223
A.

びまん性骨転移を来した例で、四肢骨への集積が低下するSuper Bone Scanを認めたとの報告1,2)があります。

 

※Super Bone Scan(Beautiful Bone Scan) : 全身骨への集積が増加した状態をいい、骨への集積が著明なため腎への集積が認められない所見(Absent Kidney Sign)を伴うことが多い3)

 

【参考文献】
1) 松井 將太 他 : 日本内科学会雑誌 105:1435-1440, 2016
2) 太平 周作 他 : 日本臨床外科学会誌 61:106-110, 2000
3) 小泉 満 他 : 全身骨を探る-骨シンチグラフィ- p.39-42, 2000
mfaq155