日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ヨウ素125治療用密封小線源 前立腺がん密封小線源療法

医療関係者専用情報TOPへ

「ハイリスク症例に対する密封小線源療法の可能性」公演:Nelson N. Stone, MD Professor of Urology & Radiation Oncology, The Mount Sinai School of Medicine, USA、監修:斉藤 史郎先生 独立行政法人 国立病院機構東京医療センター泌尿器科 医長

4.術前から術後までの管理の流れ

密封小線源治療を行うにあたって、各施設で放射線取扱上の管理責任体制を明確にし、次のような管理を行います。

術前3〜4週間

準備等 手術等 術前線量計画
その他 線源の発注

術前3〜4日前

放射線障害防止法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿
医療法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿(線源使用の帳簿)
準備等 手術等 手術用器具の準備(滅菌等の依頼)
その他 線源の受け入れ

術前1〜2日前

医療法 管理 一般病室の一時的管理区域の申請
準備等 手術等 患者入院
一時的管理区域とする病室の準備
その他 患者生活様式記入依頼(退出後の注意用)

術日当日

放射線障害防止法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿
余剰線源の管理
医療法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿(線源使用の帳簿)
患者退出の記録(1300MBq以上患者の1cm線量当量率の測定要)
診療用放射線照射器具使用室の術後サーベイ記録
一時的管理区域とした病室にかかわる記録(立ち入り者)
脱落線源の管理
準備等 手術等 シード線源挿入術
その他 使用器具の超音波洗浄等

退出基準の骨子

ヨウ素125シードを前立腺に用いた場合
適応量が放射能1300MBq以下、あるいは、患者表面から1メートル離れた地点における1cm線量当量率1.8μSv/hの時、退出が許可される

脱落に備えた入院
脱落に備えて少なくとも1日、管理区域とした一般病室に入院させる

術後1日目

医療法 管理
一時的管理区域とした病室にかかわる記録
(サーベイや立ち入り者)
脱落線源の管理
一般病室の一時的管理区域の解除届
準備等 その他 尿バッグ、尿瓶、部屋のサーベイ

退院時

医療法 管理 患者携帯カード/生活指示書
準備等 手術等 退院後の患者への安全管理指導
その他 生活様式から周囲への影響計算
生活指示書注意事項の記入

〜1年

放射線障害防止法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿(譲渡/運搬)
医療法 管理 線源受け入れ保管等の帳簿(譲渡/運搬)
脱落線源の管理
脱落線源の保管廃棄
準備等 手術等 術後線量計画(〜1ヵ月)
患者来院時、脱落などの有無の確認
その他 余剰線源の引き取り依頼(RI協会)

放射線障害防止法 管理 放射線施設の自主点検の帳簿
教育訓練の帳簿
放射線施設の測定記録
放射線診療従事者の被曝の測定記録
放射線診療従事者の健康診断記録
医療法 管理 放射線施設の測定記録
放射線診療従事者の被曝の測定記録
準備等 その他 脱落線源の廃棄依頼(RI協会)

2016年3月改訂