日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ヨウ素125治療用密封小線源 前立腺がん密封小線源療法

医療関係者専用情報TOPへ

「ハイリスク症例に対する密封小線源療法の可能性」公演:Nelson N. Stone, MD Professor of Urology & Radiation Oncology, The Mount Sinai School of Medicine, USA、監修:斉藤 史郎先生 独立行政法人 国立病院機構東京医療センター泌尿器科 医長

線源と周辺機器  (動画)

この動画ではヨウ素125シード線源と必要な周辺機器・備品・器具 治療の実際について解説しています。

1.ヨウ素125シード線源とは

2.必要な周辺機器・備品・器具

超音波装置 ステッパ 線量計画ソフト 
ダイコム3.0が出力できるCT装置  X線透視装置  手術台  足台 
Mickアプリケータ ディドラー ニードル 洗面器 超音波洗浄装置 オートクレーブ
サーベイメータ 電離箱
遮蔽材入り防護下着
前立腺ファントム

こちらは2006年に作成した動画です。
現在、下記の事項が2006年当時ものより、変更になっておりますのでご確認ください。

● 変更事項

2006年当時   2015年8 月

日本においては2003年9月に開始され、2006年8月までに全国57施設において治療が実施され、合計4000件近くの治療が行われました。

2015年8月現在 全国118施設 年間3,000例
これまでにおよそ3万3000人に治療されました。

2016年3月改訂

線源と周辺機器 約7分30秒