日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ヨウ素125治療用密封小線源 前立腺がん密封小線源療法

医療関係者専用情報TOPへ

線源の取り扱い(動画)

小線源療法の取り扱いについては、各施設で放射線取扱上の管理責任体制を明確にしたうえで、下記のような管理を行う必要があります。

また、放射線障害防止法と医療法の二重規制であることにも注意が必要です。
この動画では下記の項目を説明しています。

1.各種管理台帳について

密封小線源の受入・保管・払出(譲渡)・運搬の帳簿 線源の受入れから保管・払出までの線源の数の管理を中心にした帳簿
医療用密封小線源の使用記録の帳簿 密封小線源の使用の記録を中心した帳簿
永久密封小線源治療患者の退出記録表 残留量・退出した日時・退出時に測定した線量率・患者への具体的な注意および指導事項などについて記録

2.線源管理の実際

脱落線源の回収 病室の管理区域指定

3.退院後の患者への注意・退出後の患者の管理

4.余剰線源と脱落線源の違いと管理記録

余剰線源と脱落線源の意味とそれぞれの保管や廃棄方法

余剰線源 放射線障害防止法・医療法の規制を受ける
脱落線源 医療法のみの規制を受ける医療用放射性汚染物:RI廃棄物

こちらは2006年に作成した動画です。
現在、下記の事項が2006年当時ものより、変更になっておりますのでご確認ください。

● 変更事項

変更前   変更後

放射線管理区域

放射線管理区域

患者カード(例)


ヨウ素125線源永久挿入による小線源療法治療者カード

2016年3月改訂

線源の取り扱い 約14分