日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ヨウ素125治療用密封小線源 前立腺がん密封小線源療法

医療関係者専用情報TOPへ

患者さん向けパンフレット

前立腺がん治療法あれこれ
―密封小線源治療法とは?―

制作

東京慈恵会医科大学 泌尿器科 三木 健太 先生
放射線科 青木 学 先生

監修

元埼玉医科大学国際医療センター 放射線科 土器屋 卓志 先生
国立病院機構 東京医療センター 泌尿器科 斉藤 史郎 先生
  放射線科 萬 篤憲 先生
国立がん研究センター東病院 放射線科 秋元 哲夫 先生
(2.92MB)
PDFをダウンロード

前立腺がんの放射線による治療法の1つに「小線源治療(しょうせんげんちりょう)」があります。この治療法は、小さな放射線源(ほうしゃせんげん)を前立腺の中に入れて放射線照射(ほうしゃせんしょうしゃ)を行うもので、組織内照射(そしきないしょうしゃ)とも言われています。

アメリカではヨウ素125という放射線源(ほうしゃせんげん)を使った小線源治療(しょうせんげんちりょう)が1990年頃から盛んに行われており、現在では年間5万人以上がこの治療を受けています。日本においては2003年から治療が開始され、有効性と安全性が確認された治療方法です。
現在、全国107施設で小線源治療(しょうせんげんちりょう)が実施され、年間約4000人の人が治療を受けています。

診断のためにはどんな検査が必要ですか?

A血液検査によるPSA測定が重要です。

検査には、血液検査によるPSA測定、超音波検査、直腸診検査(ちょくちょうしんけんさ)を行い、がんが疑われる場合は前立腺針生検(はりせいけん)を行います。針生検では採取した前立腺の組織を顕微鏡で観察してがんの診断を行います。がんであった場合はその悪性度を合わせて調べます。

がんと診断された場合はCTやMRIなどの画像診断でがんの広がりや転移の有無を調べます。また、骨への転移を調べるため骨(こつ)シンチグラフィを行います。
以上の検査結果を参考にして治療方針を考えますが、年齢、全身の状態、患者さんのご希望が治療法を選ぶ上でとても大切になります。

検査の流れ


前立腺がんの治療にはどのような方法がありますか?

A早期であればさまざまな治療法があります。

前立腺がんの治療には、早期であれば「手術療法」「放射線療法」「ホルモン療法」「待機療法」などさまざまな治療方法があります。

各治療方法の特徴を教えて!

●「手術療法」
「手術」では、前立腺精のうおよび周囲のリンパ節を摘出します。患者さんの体への負担は少なからずあり、手術時間は3〜4時間、入院は開腹の場合には2〜3週間程度が必要になります。
●「ホルモン療法」
「ホルモン療法」は前立腺がんを増殖させる男性ホルモンの分泌や作用を抑制し、前立腺の細胞に男性ホルモンの影響が及ばないようにしてがんを縮小させ進展を防ぐ治療です。
●「無治療経過観察(むちりょうけいかかんさつ)」、「待機療法」
「無治療経過観察(むちりょうけいかかんさつ)」や「待機療法」は、PSA値が低く、生検(せいけん)の結果からがんの病巣(びょうそう)が小さく悪性度も低く、直腸診(ちょくちょうしん)や画像の検査からがんの広がりがない人で、すぐに体への悪影響をきたさないと判断された場合に行われるものです。治療は行わずに、PSAの値などを定期的に見ていきます。

「放射線療法」は一般的に体への負担が少ない治療方法です。種類としては大きく分けて二通りあります。1つは体の外から放射線をあてる外照射療法(がいしょうしゃりょうほう)。もう1つは体のなかに放射線源を入れ、なかから放射線をあてる組織内照射療法(そしきないしょうしゃりょうほう)です。
●「外照射療法(がいしょうしゃりょうほう)」
「外照射療法(がいしょうしゃりょうほう)」とは、体の外から病巣(びょうそう)にX線などの放射線を照射してがん細胞を死滅させる方法です。前立腺がんの場合、週5日の通院治療を2ヶ月間程度続ける必要があります。
●「組織内照射療法(そしきないしょうしゃりょうほう)」
「組織内照射療法(そしきないしょうしゃりょうほう)」と呼ばれる小線源療法(しょうせんげんりょうほう)には、組織内照射(そしきないしょうしゃ)および腔内照射(くうないしょうしゃ)があり、さらに低線量率(ていせんりょうりつ)と高線量率(こうせんりょうりつ)の2種類に分けられます。そして、がんの部位や種類などにより治療に適切な照射方法を選択します。ここでは“低線量率(ていせんりょうりつ)”の“組織内照射(そしきないしょうしゃ)”である、「ヨウ素125シード線源(せんげん)の永久挿入による前立腺がん小線源治療(しょうせんげんちりょう)」を紹介します。
治療には2時間程度、入院期間は数日間程度で済み、体への負担が小さく、手術と同様、がんを完治させる可能性のある治療法です。

小線源治療(しょうせんげんちりょう)はどのようながんに有効ですか?

A前立腺内に限局(げんきょく)したがんが、適応となります。

小線源治療(しょうせんげんちりょう)の対象は早期の前立腺がんであり、前立腺内にとどまっているがんしか治療は行いません。転移や浸潤(しんじゅん)がない病期Bといわれる場合が良い適応です。
PSA値やがんの悪性度が高いなど病巣(びょうそう)の進展が予測される場合などは、外照射療法(がいしょうしゃりょうほう)を併用することがあります。

小線源治療(しょうせんげんちりょう)について詳しく教えてください

A放射線を出す小さいカプセルを前立腺内に挿入します。

シード線源と呼ばれる非常に弱い放射線を出す長さ約4.5mm、直径約0.8mmの小さな線源を前立腺内全域に50〜100個程度挿入して、前立腺全体へ放射線を照射します。

シード線源はチタン製でカプセル状になっており、中に放射性ヨウ素125が密封されています。このカプセルは永久に前立腺内に残りますが、放射線は徐々に弱まり1年後にはほとんどゼロになります。

小線源治療(しょうせんげんちりょう)の優れた点、治療効果については?

A治療効果が大きく、副作用は少ない治療です。

放射線を前立腺内に集中して照射する治療法であるため大きな効果が期待できます。また、周りの膀胱(ぼうこう)や直腸(ちょくちょう)への影響や副作用も少なく、身体への負担も手術に比べて軽く、入院期間も短くて済みます。治療後の性機能は、7割ほどの方が維持出来ると言われています。

・膀胱(ぼうこう)や直腸(ちょくちょう)などへの副作用が少ない
・体への負担も手術に比べて軽い
・入院期間も短い
・治療後の性機能も7割くらいの人が維持

小線源治療(しょうせんげんちりょう)はどのようにするのですか?

A麻酔をかけ、超音波で確認しながら前立腺内に挿入します。

治療は、泌尿器科医、放射線腫瘍医(ほうしゃせんしゅようい)、麻酔科医、看護師、放射線技師などからなる医療チームにより行われます。

診断のためにはどんな検査が必要ですか?

治療は下半身麻酔または全身麻酔がかかったうえで行います。コンピュータでシード線源を入れる場所と数を計画したうえで、超音波の画像を見ながら前立腺の中へ筒状の針を刺入(しにゅう)し、その針を通してアプリケータという器具を用いてシード線源を挿入していきます。


入院に関しては?

A短期間の入院で済みます。

入院期間は一般的に数日間程度です。
通常病院の個室に入院して、治療後の管理を行います。飲水や食事、院内の歩行など、通常治療の翌日から可能です。シード線源費用を含め、治療は保険適用です。個室料金は、実費となります。

退院後は、どのような事に注意すればよいのでしょうか?

A普通の生活には弊害はありませんが、注意を要する点もあります。

シード線源からの放射線は、ほとんどが前立腺内で吸収され、体外に放出されるものは微量です。そのため周囲の方々が受ける影響は非常に低いものです。普通に日常生活を送ることが可能ですが、念のため一定期間は周囲の人に配慮する必要があるとお考えください。


線源が体内にあることを記した治療者カードは、治療後1年間所持・携帯します。他の病気で診療を受けるときに小線源治療(しょうせんげんちりょう)を受けていることを説明する際に必要です。1年以内に何らかの手術を受けるときには、その主治医から小線源治療(しょうせんげんちりょう)を実施した担当医への連絡が必要となります。

治療者カード

外来通院は経過観察をするために必要です。病状の変化を見逃さないためにも、定期的な通院が必要です。

放射線被ばくについて教えてください

A自然界から受ける放射線被ばくより少ないです。

私たちの日常生活の中では自然に大地や空から微量の放射線被ばくを受けていることはよく知られているところです。
このヨウ素125シード線源を用いた小線源治療(しょうせんげんちりょう)を行った患者さんのご家族や周囲の人にはごく微量ですが放射線被ばくがあります。しかし、自然界の放射線被ばくより少ないものです。治療を受けた方と家族が1メートル離れた所で1回1時間の食事を1日3回、1年間毎日繰り返したとします。その時の家族の方の被ばく線量は胸のレントゲン写真を1枚撮る程度だといわれています。

シード線源はチタン製でカプセル状になっており、中に放射性ヨウ素125が密封されています。
このカプセルは永久に前立腺内に残りますが、放射線は徐々に弱まり1年後にはほとんどゼロになります。

日常生活における放射線被ばくの例

小線源治療(しょうせんげんちりょう)後の副作用や注意することは?

A放射線による副作用は、早期に起こるものと晩期に起こってくるものとがあります。

シード治療は重篤(じゅうとく)な合併症が少なく、治療後の生活の質が良い点などがあげられますが、治療直後から半年ないし1年間は尿が出にくかったり、尿が近くなったりなどの症状が見られることがあります。症状が強いときには内服薬で治療することがあります。
放射線の副作用は一般に治療後早期に起こってくるものと、治療後半年から3年位の間の晩期に起こってくるものとがあります。医師によく相談をしてください。

1.治療早期に起る場合
2.治療後半年から3年の晩期に起る場合