総論
東京女子医科大学 画像診断学・核医学講座  百瀬 満

読影のポイント

ポイント1

心臓と冠動脈の支配領域を理解する

ポイント2

TlとTcのそれぞれの薬剤特性を知る

ポイント3

心電図同期SPECT(QGS)画像の見方

ポイント4

アーチファクトによる心筋集積異常を判断する

ポイント5

SPECT像のスコアリングをする

ポイント6

心筋SPECT画像の読影を行う

ポイント7

冠動脈に一致しない集積異常を認めた場合の判定

ポイント8

心筋血流以外の指標による虚血の判定

読影の手順とポイントのまとめ

レポートを書く

各論
日本大学病院 循環器内科  松本 直也

実臨床で役立つ読影のポイント

冠動脈の支配領域とSPECT画像の関連

症例1

冠リスクファクターのある患者の
血流欠損像の評価

症例2

冠動脈の支配領域では説明できない
軽度集積低下を認めた症例

症例3

安静時・負荷時ともに固定欠損を認める
心筋のviability評価

症例4

わずかな欠損しか認めない壁運動低下症例

症例5

陽性所見とアーチファクトとの鑑別

症例6

重症多枝病変の評価