日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

脳【主な核医学検査】

ドパミントランスポーターシンチグラフィ


使用される放射性医薬品
123I-ioflupane(123I-FP-CIT) 【商品名:ダットスキャン®静注
検査の原理
ドパミントランスポーターは、脳の線条体内に存在する黒質線条体ドパミン神経の終末部に高発現しています。パーキンソン病やレビー小体型認知症では、この発現量が低下することが知られています。ドパミントランスポーターに高い親和性を示す123I-ioflupaneを用いたSPECT検査(シンチグラフィ)により、ドパミントランスポーターの脳内分布を評価できます。
検査の流れ、注意事項
通常、本剤を投与して3〜6時間後に頭部のシンチグラムを撮像します。
本剤および本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方はご使用になれません(禁忌)。
解析方法、定量法
SPECTの水平断層像において、本剤の線条体への集積を視覚的に評価します。また、視覚的判定だけでは読影者の経験等により判定にばらつきが生じるため、定量的な指標を診断に加味することが推奨されています。本剤の線条体における特異的結合の定量指標として、SBR(Specific Binding Ratio)などが用いられます。
臨床的意義
  • 患者さんの黒質線条体ドパミン神経の状態が把握できることから、パーキンソン病を含むパーキンソン症候群やレビー小体型認知症の診断に有用です。

慢性肝疾患例における肝機能障害重症度分類の、軽症、中等症及び重症例における本剤投与後5分及び30分における胸腹部前面像

参考資料