日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

脳【主な核医学検査】

脳受容体シンチグラフィ

使用される放射性医薬品
123I-iomazenil 【商品名:ベンゾダイン®
検査の原理
123I-iomazenilは、脳内の中枢性ベンゾジアゼピン受容体に高い親和性を示し、選択的に結合します。したがって、本剤投与3時間後に撮像した脳のSPECT像は、中枢性ベンゾジアゼピン受容体に結合した本剤の分布を反映し、本剤を用いた検査により局所脳内中枢性ベンゾジアゼピン受容体の分布を評価することができます。
検査の流れ、注意事項
ベンゾジアゼピン系薬剤を服用している場合は、投与前、数日間の休薬が必要です。
通常、本剤投与3時間後に頭部のSPECTを撮像します。
解析方法、定量法
一般的なSPECT収集条件は、123I-IMPと同等と考えられますが、発作焦点を正確に描出するには123I-IMPより少し収集時間を長くすることが有効です。OMまたはAC−PCラインを基準に3断面の断層像を再構成します。内側側頭葉てんかんでは冠状断層像が重要で、左右対称になるように被検者の位置決めに注意します。必要により海馬長軸断層や3D表示を行います。また、統計学的機能解析ソフトにより診断精度が向上することもあります。
臨床的意義
  • 外科的治療が考慮される部分てんかん患者におけるてんかん焦点の診断に有用です。

前頭葉てんかん(22歳男性)