ビザミル静注 読影のポイント

領域別の観察

5箇所の観察領域(前頭葉、外側側頭葉、後帯状回/楔前部、頭頂葉及び線条体)のうち1つでも陽性であれば、診断は陽性となる。

前頭葉及び外側側頭葉における
横断面での観察

前頭葉及び外側側頭葉における横断面画像

(GEヘルスケア 社内画像資料)

前頭葉 : 矢状断面は補助的に確認する。

外側側頭葉 : 冠状断面は補助的に確認する。

 

AC-PC: 前交連-後交連

後帯状回/ 楔前部における
矢状断面の観察

後帯状回/ 楔前部における矢状断面画像

(GEヘルスケア 社内画像資料)

後帯状回及び楔前部 : 冠状断面は補助的に確認する。

後帯状回/ 楔前部における
矢状断面の観察 : 適切な断面を設定
断面が正中から離れ過ぎていると、橋の形がはっきりと確認できない。

後帯状回/ 楔前部における矢状断面画像

(GEヘルスケア 社内画像資料)

偽陽性読影を避けるために、適切な観察面を設定することが陰性画像で特に重要となる。

頭頂葉における冠状断面の観察

頭頂葉における冠状断面画像

(GEヘルスケア 社内画像資料)

頭頂葉 : 横断面は補助的に確認する。

線条体 : 横断面の読影
線条体 : 陰性画像では、視床と前頭葉白質との間に輝度のギャップがある。
陽性画像では「斑点(ドット)」様の形状を呈する。

線条体 : 横断面画像

(GEヘルスケア 社内画像資料)

線条体 : 矢状断面は補助的に確認する。