ビザミル静注 読影のポイント

ビザミル読影の基本

画像読影方法を確認するための概要。eラーニングの代用として使用しないこと。
読影トレーニングプログラムのホームページはwww.readvizamyl.comにてご確認ください。

はじめに

ビザミル®静注の効能又は効果はアルツハイマー型認知症が疑われる認知機能障害を有する患者の脳内アミロイドベータプラークの可視化である。
ビザミルは臨床評価と併せて用いること。

ビザミルは精細なカラースケールでアミロイドベータプラーク(老人斑)の画像化を実現。
・ 陰性画像は、わずかな老人斑が存在するか又は老人斑が存在せずADの診断とは一致しないことを示す。
・ 陽性画像は、老人斑が中~高密度であることを示す。

ビザミル®静注1バイアル(120~370MBq)を静脈内に投与し、投与後60~120分に撮像を開始する。
投与量185MBqにおける標準的な撮像時間は20分間である。

まとめ

ビザミル画像の読影により脳内老人斑密度を視覚的に評価することが可能。
ビザミルは臨床評価と併せて用いること。

画像ノイズ、皮質リボンの菲薄化を伴う萎縮又は不鮮明な画像により読影が困難な画像では、誤った読影をする可能性がある。

ビザミル画像の読影の補助として、入手可能であればMRI又はCT画像を観察することを推奨する(特に萎縮が疑われる場合)。

本コンテンツでは、ビザミル画像の読影の基本原理の概要を示す。

本ページの記述内容をもって、読影トレーニングプログラムの代用とすることはできない。