レビー小体型認知症の診断と新しい画像検査ヘッダ

レビー小体型認知症はどんな病気?なぜレビー小体型認知症になるの?どのように診断するの?レビー小体型認知症の診断と新しい画像検査

【監修】 横浜市立大学名誉教授 小阪 憲司 先生


アルツハイマー型認知症

レビー小体型認知症

画像提供:横浜新都市脳神経外科病院

pdf
レビー小体型認知症はどんな病気?
三大認知症の1つといわれています。

レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症に次いで2番目に多い認知症で、脳血管性認知症とともに「三大認知症」といわれています。認知症とひとくくりにされがちですが、それぞれ原因は異なり、症状の特徴や進行の仕方にも違いがあります。

レビー小体型認知症サポートネットワークHP より引用
http://dlbsn.org/what_dlb.html

レビー小体型認知症はどんな病気?

bg_box01_top.png

一般的な認知症は記憶力や理解力などの認知機能が徐々に低下していきますが、レビー小体型認知症は認知機能が良いときと悪いときが波のように変化します。しっかりしているときもあるため「病気」と思われないことがあります。また、初期では認知機能の低下が目立たない場合もあります。

img01_1.png
 
幻視や認知の変動、睡眠時の異常行動、レビー小体型認知症はアルツ パーキンソン症状などが特徴的です。

img01_2.png

レビー小体型認知症では、さまざまな症状がみられます。
症状のあらわれ方にも個人差があるため、パーキンソン病やうつ病、アルツハイマー型認知症など他の病気と思われやすく、症状だけでは判断が難しい病気です。

なぜレビー小体型認知 症になるの?
脳に「レビー小体」というかたまりができ、認知症になります。
レビー小体型認知症はどんな病気?
レビー小体

脳の神経細胞に「レビー小体」というたんぱく質のかたまりができます。レビー小体が神経細胞を傷つけ壊してしまうので、結果として認知症になります。

bg_box02_top.png

レビー小体は脳だけでなく、全身に張り巡らされた神経にもできます。どこの部位に多くできるかによって症状が異なるため、別の病気と思われやすいのですが、「レビー小体病」として総称されています。

img01_3.png
 
また、ドパミン神経の減少によって体の動きに障害があらわれます。

レビー小体型認知症では脳のドパミン神経が壊れます。ドパミン神経は脳が全身の筋肉に運動の指令を出すのに必要な神経伝達物質ドパミンを作る神経です。そのため、ドパミン神経が壊れるとドパミン量が減って体がうまく動かせなくなります。

体を動かすときの脳の働き
img01_4.png
どのように診断するの?
脳に「レビー小体」というかたまりができ、認知症になります。

まず、医師が家族やご本人に症状や困ったことなどについて話をよく聞きます。その上で、必要な検査を行い、検査結果を合わせて診断します。

img01_5.png

img01_6.png
MRI や脳血流の検査では、
健康な人や他の病気との区別が
難しい例もあります。
さらに新しい画像検査があります。

画像提供:横浜新都市脳神経外科病院