骨シンチグラフィ検査を受けるにあたって

骨シンチグラフィを受けるにあたって  骨の状態や病気を詳しく調べます。

  監修 日本核医学分科会・腫瘍・免疫核医学研究会

 

PDFダウンロード(1.45MB))

 

骨シンチグラフィとは?
なにがわかるのですか?

全身の骨のようすを写真に撮って、癌の骨転移、外傷等による微小骨折など、X線検査ではわかりにくい様々な骨の状態を詳しく調べることができる検査です。治療の前後で調べて治療の効果をみたり、疲労骨折や骨粗しょう症による骨折を早期に発見したりするのに用いられています。

骨シンチ疾患例

 
どうやって調べるのですか?

放射線を出すラジオアイソトープ(RI)でしるしをつけた、骨の組織に集まる性質のあるくすり(放射性医薬品)を注射し、それから出る放射線を特別なカメラでとらえて全身の骨のようすを観察します。くすりは骨の代謝や反応が盛んな部分に多く集まるので、骨の状態が変化している部分があることがわかります。

全身の撮影の後、より詳しくみるため追加で特定部位を詳細に撮影することもあります。

全身撮影のイメージ図

放射線の影響はありませんか?

くすりからわずかな放射線が出てきますが、ごく微量であり心配ありません。検査の際に受ける放射線の量は、胃のX線検査とほぼ同じ程度です。また、体内の放射線は、対外に排泄されたり、体内で減衰して時間とともに減少していきます。

放射線の影響の図