【心臓の検査】心筋核医学検査を受けるにあたって

核医学検査の手引き 心筋核医学検査を受けるにあたって心臓の状態や働きを調べます イラスト

  監修 日本心臓核医学会 

心筋シンチグラフィとは?
なにがわかるのですか?

心臓の状態や動きを調べ狭心症や心筋梗塞、心筋症などの病気の有無やその程度を診断 します。治療計画を立てたり、入院の必要性 を判断するのに役に立つ検査です。

 

心筋血流検査心臓の筋肉(心筋)に栄養を運ぶ血液の流れをみます。
心筋脂肪酸代謝検査心臓への脂肪酸(エネルギー源)の取り込み状況をみます。
心筋交感神経検査交感神経の働き(心臓の機能を調整)をみます。
心機能検査:心臓が正常に膨らみ縮んでいるかをみます。

 

SPECT画像正常異常例
どうやって調べるのですか?

放射線を出すラジオアイソトープ(RI)でしるしをつけた、心筋に集まる性質のあるくすり(放射性医薬品)を注射し、それから出る放射線を特別なカメラで撮影します。くすりを変えることで、血流、脂肪酸代謝、 交感神経の様子をそれぞれ調べられます。

また、時間を追って撮影した像を収集すると心機能を調べられます。最近は心電圏同期SPECTという方法を用い て動画で心臓の動きをみることもできます。血管から細い管を入れて行うカテーテル検査より、負担が少な く安全に実施できるという特徴があります。

潜在的な異常を見つけるために、運動や薬で心臓に負荷をかける負荷検査を行うこともあります。

負荷検査
放射線の影響はありませんか?

核医学検査1回あたりの被ばく線量は0.5~20mSv程度で、X線検査やCT検査でうける被ばく線量と同程度と考えられます。 検査の目的により投与する検査薬の量は異なりますが、投与量は微量なため、副作用はまれです。

 

放射線の影響の図