パーキンソン病の診断と治療って?ヘッダ

パーキンソン病の診断と治療って?

パーキンソン病の診断と治療って?早期から診断・治療で、大きな支障なく生活できます。

【監修】国立精神・神経医療研究センター
パーキンソン病・運動障害疾患センター センター長
村田 美穂 先生
タイトル

A

 

まず医師が患者さんに、「手足の震えや歩きにくさなどの症状がいつごろからあり、どのように進行したか」などについて質問します(問診)。

 

次に、医師が患者さんの腕や足を動かして、筋固縮や姿勢反射など、パーキンソン病に特徴的な症状があるか調べます(神経学的診察)。

 

ここまでの診察でパーキンソン病が疑われる場合には、MRIやSPECT (スペクト)による画像検査で脳を詳しく調べます。2014年1月からは、新しいSPECT検査が保険診療で実施できるようになりました。

診察の流れ

img02_1.png

ドパミン神経の状態を直接見ることができます。

新しいSPECT(スペクト)検査により、従来の検査では調べられなかったドパミン神経の状態を、画像で確認できるようになりました。

 

新しいSPECT(スペクト)検査の画像と仕組み

ドパミン神経には、ドパミンを再び取り込み、ドパミン量を調整する部分(ドパミントランスポーター)があります。
ドパミン神経が壊れると同じくドパミントランスポーターが減少します。この変化を画像でとらえているのです。

 

img02_2.png

ドパミン神経の状態を見るSPECT(スペクト)検査〔検査の受け方〕

img02_3.png