環境データの開示

「住友化学グループ全体の環境目標の共有化」を踏まえ、生産部門におけるエネルギー使用量、二酸化炭素排出量、廃棄物埋立量、および特定フロンの全廃に関する環境目標を定め、削減・全廃の取り組みを行っています。

グループで取り組む共有化目標

環境保全の要素 取り組みポイント グループ共有目標値
1.省エネルギー エネルギー消費原単位 年平均1%以上の原単位改善
2.温室効果ガスの排出量削減 エネルギー起源CO2排出原単位 年平均1%以上の原単位改善
3.大気・水域への総排出量 PRTR法対象物質 2015年度実績以下の水準を維持
4.廃棄物削減 廃棄物埋立量 2015年度実績以下の水準を維持
オゾン層破壊防止 特定フロン使用機器の更新による全廃 CFC使用の冷凍機の全廃(2025年度まで)
HCFC使用の冷凍機の全廃(2045年度まで)
  • PRTR法については、当社は適用外(対象の化学物質の排出はゼロ)。

a.エネルギー使用量

生産部門における2016年度のエネルギー使用量は、前年度比で2.2%減少となりました。
これは各生産部門がそれぞれの事業所の中で老朽化した機器更新をはじめとして運転上の工夫や設備の運用の工夫によってエネルギー消費量を削減したことによるものです。

2011年度:千葉工場(3051)	兵庫工場(1708) PET生産部(4515) 2012年度:千葉工場(3403)	兵庫工場(1651) PET生産部(4607) 2013年度:千葉工場(3871)	兵庫工場(1615) PET生産部(4884) 2014年度:千葉工場(3729)	兵庫工場(1538) PET生産部(5329) 2015年度:千葉工場(3772)	兵庫工場(1476) PET生産部(5371) 2016年度:千葉工場(3682)	兵庫工場(1458) PET生産部(5243)エネルギー使用量(推移)

b.二酸化炭素排出量

二酸化炭素の排出は、製造プロセスに伴う二酸化炭素の発生がほとんどないため、エネルギー使用量の推移を反映した形となります。
2015年度から2016年度については、エネルギー消費量削減の努力が実を結び、二酸化炭素排出量も減少に転じました。

2011年度:千葉工場(5013) 兵庫工場(2508) PET生産部(8512) 2012年度:千葉工場(6419) 兵庫工場(3069) PET生産部(9554) 2013年度:千葉工場(7982) 兵庫工場(3297) PET生産部(10975) 2014年度:千葉工場(7759) 兵庫工場(3174) PET生産部(12288) 2015年度:千葉工場(7223) 兵庫工場(3082) PET生産部(11923) 2016年度:千葉工場(7072) 兵庫工場(2933) PET生産部(11406)二酸化炭素排出量(推移)

c.廃棄物埋め立て量

住友化学グループの一員として、2015年度までは2010年度の生産部門実績以下を、2020年度までは2015年度の生産部門実績以下をそれぞれ目標として、廃棄物埋め立て量の抑制に取り組んでいます。各年度の目標に対する実績は以下のとおりです。

年度 目標 実績 目標達成状況
2015 2010年度生産部門実績値(13トン)以下 1トン 達成
2016 2015年度生産部門実績値(1トン)以下 ゼロ 達成

d.フロン排出抑制法

『フロン回収破壊法』が改正され、2015年4月1日から『フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律』(略称「フロン排出抑制法」)として施行されました。当社においても、フロン排出抑制法に従って、その管理する第一種特定製品の簡易点検、定期点検及びフロン漏えい量の管理を適宜実施しています。2015年度・2016年度に、各事業所におけるフロンの漏えい量を取りまとめた結果、いずれも事業所管大臣への報告義務の基準となる年間CO2換算1000トンを下回りました。(NMP実績 2015年度:67トン、2016年度:189トン)

Visionalistタグ