FDG-PET/CTによるリンパ腫の病期診断

FDG-PET/CTによるリンパ腫の病期診断

監修

永井 宏和 先生
国立病院機構名古屋医療センター 血液・腫瘍研究部 部長

執筆

寺内 隆司 先生
公益財団法人 がん研究会有明病院 核医学部 副部長

 

リンパ腫の病期診断
FDG-PET/CTの位置づけ

2018年に刊行された造血器腫瘍診療ガイドライン(日本血液学会編)のリンパ腫領域では、臨床病期診断にLugano分類(2014)の記載が追加された。Lugano分類はFDG-PET/CT(以下PET/CT)を用いた病期分類であり、簡潔に臨床病期を判定できるように作られている。またPET/CTはリンパ腫の治療効果判定でも有用性が報告されているが、FDG集積の程度が組織型により異なるので、病変へのFDG集積を確認する為、病期診断時にPET/CTを撮像することが望ましい。

Lugano分類による病期診断

2014年Chesonらによって、リンパ腫の病期診断・治療効果判定のために新しい国際基準であるLugano分類が発表された。FDG‐avidなリンパ腫ではPET/CTをルーチンに用いるよう推奨している(表1)。

 

表1 初発の節性リンパ腫の病期診断基準

病期 病変部位 節外部位
限局期 Ⅰ期 1つのリンパ節、もしくは1つのリンパ節領域にのみ病変が存在 リンパ節病変を伴わない1つの節外病変が存在
Ⅱ期 横隔膜同側の2つ以上のリンパ節領域に病変が存在 リンパ節病変の広がりはⅠ、Ⅱ期にとどまるが、近接した節外臓器に限局した病変を認める
Ⅱ期
(bulky病変を有する)
bulky病変を有するⅡ期 該当なし
進行期 Ⅲ期 横隔膜両側のリンパ節領域に病変が存在 ; 脾病変と横隔膜上側のリンパ節病変が存在 該当なし
Ⅳ期 リンパ節外臓器に非連続性病変が存在 該当なし

 

病変の広がりは、FDG-avidなリンパ腫はPET/CTで、nonavidなリンパ腫はCTで決定する。扁桃、Waldeyer咽頭輪、脾臓は節性組織とする。

 

*bulky病変を有するⅡ期を限局期として治療するのか、進行期として治療するのかについては、病型や予後指標により決定する。

Reprinted with permission. ©2014 American Society of Clinical Oncology. All rights reserved.
Cheson BD, et al.: J Clin Oncol 2014; 32: 3059-3067
病期診断におけるPET/CTとCTの比較研究

リンパ腫の臨床病期分類においては、ホジキンリンパ腫を対象に開発されたAnn Arbor分類(Cotswolds修正案)が広く非ホジキンリンパ腫にも適応されてきた。 Ann Arbor分類はCTに基づき病期診断を行う。PET/CTはホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫の病期診断においてCT単独より正確で、特に節外病変の感度が向上する。そのため、 PET/CTでは表2に示すようにUpstageされることが多く、治療法の選択が異なる場合もある。特にCT単独で限局期と判定された濾胞性リンパ腫の患者でUpstageとなりやすいと報告されている。

 

 

表2 リンパ腫の病期診断におけるPETまたはPET/CTとCT単独の比較研究

報告者 年度 PET専用機或いはPET-CT 症例数 疾患 Upstaging(%) Downstaging(%) 治療方針の変更(%)
Bangerter et al 1998 PET 44 HL 12 2 14
Partridge et al 2000 PET 44 HL 41 7 25
Jerusalem et al 2001 PET 33 HL 10 10 3
Weihrauch et al 2002 PET 22 HL 18 0 5
Munker et al 2004 PET 73 HL 29 3 NS
Naumann et al 2004 PET 88 HL 13 8 20
Hutchings et al 2006 Mostly PET-CT 99 HL 19 5 9
Rigacci et al 2007 Mostly PET 186 HL 14 1 6
Buchmann et al 2001 PET 52 HL(n=27)、
NHL(n=25)
8 0 8
Wirth et al 2002 PET 50 HL(n=19)、
NHL(n=31)
14 0 18
Raanani et al 2006 PET-CT 103 HL(n=32)、
NHL(n=68)
31 1 25
Elstrom et al 2008 PET-CT 61 HL、NHL 18 5* 5
Pelosi et al 2008 PET 65 HL(n=30)、
NHL(n=35)
11   8
Karam et al 2006 PET 17 FL 41 0 29
Janikova et al 2008 Mostly PET 82 FL NS NS 18
Wirth et al 2008 PET 42 CTでStageⅠ-Ⅱと分類されたFL 29 0 45
Le Dortz et al 2010 PET-CT 45 FL 8 0 18
Luminari et al 2013 PET-CT 142 FL 11 1

NS

略語:
  • CT : コンピュータ断層撮影
  • HL : ホジキンリンパ腫
  • NS : not stated
  • FL : 濾胞性リンパ腫
  • NHL : 非ホジキンリンパ腫
  • PET : positron emission tomography
  • *False negative.