骨シンチグラフィを受けるにあたって 検査方法

骨シンチグラフィを受けるにあたって骨の状態や病気を調べます イラスト

  監修 日本核医学分科会・腫瘍・免疫核医学研究会

 

PDFダウンロード(1.45MB))

 

検査の受け方
検査前
  • check_stit01[1].gif
    症状に合わせて検査の計画を立てます。
    疑問や不安がありましたら、主治医へお問い合わせください。
    (妊娠中や授乳中の人は申し出てください。)
  • check_stit02[1].gif
    検査に使うくすりは検査日当日しか使えないため、
    検査予定に合わせて用意します。直前のキャンセルは
    難しいため、確実に来られる日に予約してください。

    検査の予約をしてください イラスト

  • check_stit03[1].gif
    検査前の食事や薬を控えていただくことがありますので指示に従ってください。

検査日まで

 
  • check_stit05[1].gif
    検査に必要な放射性医薬品を静脈注射します。
    薬を注射

 

             2から3時間        おまちください
                                   待ち時間は検査の状況によって異なります

 

  • 排尿してください。
    くすりが尿中に排泄されますので、膀胱に
    くすりが残っていると正確な写真が撮れません。
    直前に排尿を済ませてください。
    トイレに行くイラスト

 

  • 撮影をします
    装置のベッドに仰向けに寝ている間に検査します。
    カメラをゆっくり動かして全身をとりますのでじっとして
    いてください。30分~50分で終わります。
    もし気分が悪くなったら我慢せずに申し出てください。
    SPECT装置

終了

検査後
  • 結果の説明を聞きます
    当日、または後日担当医から説明があります。
    他の検査結果と合わせて診断を行います。

    正しい診療でよい治療を イラスト

 

 

骨シンチグラフィを受ける際の注意事項

  • ● 検査の予約日時を守ってください。
  • ● 検査前の制限は特にありません。
  • ● 注射から撮影まで数時間の待ち時間があります。
  • ● 撮影の直前に排尿をお願いします
  • ● 妊娠中・授乳中の方は申し出てください