核医学検査の手引き ドパミントランスポーターシンチグラフィ検査を受けるにあたって

監修 日本脳神経核医学研究会

  • PDFダウンロード(899KB)

ドパミントランスポーターシンチグラフィとは?

なにがわかるのですか?

脳内の黒質から線条体に向かう神経経路(ドパミン神経)に存在するドパミントランスポーターを画像化し、ドパミン神経の変性・脱落の程度を評価する検査です。脳にくすりが集まるまで3〜6時間待ちます。それ以降、仰向けに寝て、カメラで頭を撮影します。

どうやって調べるのですか?

放射線を出すラジオアイソトープ(RI )で印をつけた脳に集まる性質のあるくすり(放射性医薬品)を注射し、それから出る放射線を特別なカメラで撮影します。ドパミン神経が変性・脱落している部位は取り込みが低く写ります。

放射線の影響はありませんか?

放射線を出すくすりを使用しますが、ごく微量であり心配ありません。検査の際に受ける放射線の量は、胃のX線検査とほぼ同じ程度です。また、体内の放射線は短時間のうちに、少なくなり排泄されてなくなります。

一般の方向け情報TOPに戻る

  • ドパミントランスポーターシンチグラフィとは
  • 検査の受け方

一般の方向け情報トップへ

このページの上へ