核医学検査とは 早期発見に欠くことができない核医学診断

核医学診断とは?

核医学診断には、微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与し、身体の状態を画像や数値で捉えるインビボ検査と、採取した血液や尿などの試料を試験管内で試薬と反応させ、ホルモンなどの微量物質を測定するインビトロ検査があります。

体内機能の微妙な変化を写し出す核医学検査

「核医学検査」とも呼ばれるインビボ検査は、X線、CTスキャン、超音波(エコー)、MRIのような画像診断の一つです。体内に投与した放射性医薬品が臓器や体内組織などに集まる様子を画像化し、疾病の診断、病期や予後の確認、治療効果の判定などに有用な情報として提供します。

CTスキャンやMRIによる画像は、精度の高い形態的な情報を反映できますが、インビボ検査では、血流や代謝などの機能変化を画像情報として反映することができます。つまり、疾病による形態上の変化が現れる前の微妙な兆候を、より早期にキャッチすることができるのです。

SPECTとPET

目的とした臓器などへのRIの分布を3次元的に捉え、断層画像として表現するインビボ検査の断層法には、SPECT(Single Photon Emission Tomography)とPET(Positoron Emission Tomography)があります。
SPECT検査では1方向の放射線を放出するRIを用いるのに対し、PET検査は、2方向の放射線を同時に正反対の方向に放出するRIを用います。

SPECTとPET

一般の方向け情報TOPに戻る

  • 核医学検査とは
  • 核医学の歴史
  • ラジオアイソトープの特徴
  • 動画で見る核医学紹介

一般の方向け情報トップへ

このページの上へ