日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

脳【主な核医学検査】

脳血流シンチグラフィ

使用される放射性医薬品
123I-IMP 【商品名:パーヒューザミン®
99mTc-HMPAO 【商品名:セレブロテック®キット
検査の原理
123I-IMPはいったん肺に取り込まれた後、血液脳関門を通過して初回循環でほぼ100%が脳組織に取り込まれます。その後、緩徐に洗い出されますが投与量の約8%が脳組織に集積します。集積機序は化学的小塞栓子と考えられています。
一方、99mTc-HMPAOは、血液脳関門を通過して脳組織内で水溶性に代謝され、長時間脳内に留まります。投与量の約5%が脳組織に集積します。
これらの脳内分布は局所脳血流量に比例するため、脳血流分布イメージが得られます。
検査の流れ、注意事項
通常、閉眼安静状態で薬剤を静注し、脳組織への集積を待ってSPECTを撮像します。高分解能型のコリメータを用いて、脳血流分布を正確に画像化します。
脳循環予備能を測定するために、アセタゾラミド投与後に負荷時脳血流分布を撮像する負荷試験を行うこともあります。
解析方法、定量法
SPECT画像は、横断断層像、冠状断層像および矢状断層像の3方向から表示されます。正常集積部位と比較して、血流の変化を範囲および程度から判断して病変部位を診断します。視覚的な診断には限界があり、また、経験に依存することも多くなります。そこで、血流低下や増加を正常者から求めたデータベースと比較して、統計学的に評価する3D-SSP(3D Stereotactic Surface Projections)が開発され、急速に普及しています。
脳血流量を正確に測定するには、123I-IMPを用いた持続動脈採血法(マイクロスフェア法)や1点動脈採血法(ARG法)が有用です。123I-IMPを用いた非採血法(NIMS法、グラフプロット法)や、99mTc-HMPAOを用いた非採血法(パトラックプロット法)も使用できます。また、安静時の脳血流量とアセタゾラミド負荷時の脳血流量を1回の検査で行う123I-IMPを用いたDual Table ARG法が開発されました。
臨床的意義
  • 脳梗塞、脳動脈閉塞・狭窄、一過性脳虚血発作、モヤモヤ病、認知症、てんかん、脳炎、脳腫瘍、精神疾患などの診断に有用です。
  • 負荷試験による脳循環予備能の評価は、脳血管障害の予後の評価、バイパス術の適応決定や治療効果の判定などに有用です。
  • 認知症の診断などにおいて病変部の広がりの把握や疾患の鑑別に有用です。

脳血流シンチグラム

術前

術後2週

左頸部内頸動脈内膜剥離術前では、
左前頭・側頭・頭頂葉に無症候性の
低灌流域が認められた。

術後2週目では、術前にみられた
低灌流状態が明らかに改善していた。


参考資料・関連ページ