日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

骨【主な核医学検査】

骨シンチグラフィ

使用される放射性医薬品
99mTc-HMDP 【商品名:クリアボーン®クリアボーン®キット
検査の原理
99mTc-HMDPは、骨無機質の基本組成であるハイドロキシアパタイト結晶へ、主に化学的に吸着すると考えられています。骨代謝が亢進した造骨部分により多く吸着することから、集積の異常として描出されます。
検査の流れ、注意事項
検査イメージ
特に前処置等の注意はありません。99mTc-HMDPを静注後の2〜3時間後に検査を行います。仰臥位で寝ている患者さんの前後方向に検出器もしくはベッドを移動させて15分程度の撮像をします。SPECT収集をして断層像を得る場合にはさらに10分〜15分程度を要します。

解析方法、定量法
得られた画像で病変部と健常部との集積比を計算することで、病変の活性度を評価します。また、SPECT収集の際にCT検査も同時にできる装置では、両画像を融合表示することで診断情報を増やすことができます。
臨床的意義
  • 悪性腫瘍の骨転移の検索や、原発性骨腫瘍の診断に有用です。
  • 骨折(特に疲労骨折)や代謝性骨疾患の診断に有用です。
  • 骨髄炎、関節炎などの診断や活動性の評価に有用です。
  • 骨壊死の早期診断および経過観察に使用されます。

肺癌骨転移例(骨シンチグラム)全身SPECT正常例

(MIP像)

MIP(最大値投影法)は、SPECTの各断面画像におけるカウントの最大値を投影線上に逆投影して、RI集積が高い部位を強調して表示します。

参考資料