アルツハイマー病と脳血管性認知症は厳密に鑑別ができるのでしょうか?

Answer
アルツハイマー病の40%で脳血管病変の合併がみられ、脳血管性認知症の40%で剖検にてアルツハイマー病変を認めることが報告されています2)。両者は近縁の病態を示すことが近年強調されてきています。認知症に片麻痺などの運動障害がみられるとき、脳血管性認知症と診断しがちですが、脳SPECT検査を施行するとアルツハイマー病に特徴的な血流低下を合併する事例もしばしば経験します。アルツハイマー病を合併しているならばドネペジル(アリセプト®)の投与も可能となってくるので、脳血管性認知症と診断した患者さんでも脳SPECT検査を合わせて施行し、アルツハイマー病変の合併の有無を確認するほうがよいと思います。

アルツハイマー病   脳血管性認知症
  • 女性により多い
性別
  • 男性により多い
  • 物忘れ
  • 時や場所に対する認識が混乱
症状
  • 知識をうまく使えない
  • 動作や会話での反応が遅い
  • 緩徐、知らない間に
発病様式
  • 階段状または緩徐
  • 欠如あるいは乏しい
病識
  • 持っていることが多い
  • 末期にならないと出現しない
神経症状
  • 片麻痺や構音障害を伴うことが多い
  • 幻覚や妄想など多彩な症状
精神症状
  • 抑うつや感情障害が多い
  • スムーズ
動作
  • 緩慢になることが多い
  • 高度に至るまで正常
歩行
  • 早期から障害されることがある
  • 転倒しやすい
  • やや高度にならないと出現しない
尿便失禁
  • 早期からみられることも少なくない
  • 脳のびまん性萎縮
CT、MRI
  • 脳梗塞や脳出血の所見

このページの上へ

当初は脳血管性認知症と診断したが、脳SPECT検査の結果からアルツハイマー病の合併が疑われた症例

80歳代後半 男性 近医からの紹介

  • 平成19年X月、構音障害と左不全片麻痺が出現し、脳梗塞と診断され近医に1週間入院した。退院後、薬の管理ができない、重ね着がみられる、整容がだらしなくなった、外出しないなどの症状に気づかれた。
  • 診察では年齢、月日、前日の夕飯の内容などは正答。
  • 脳SPECT検査後に、再度家族から病歴を聞き直すと、今回の脳梗塞出現より1年前からしばしば置き忘れやしまい忘れ、同じ事を何回も言うことが多かったことが判明。

参照文献
2) Skoog I,et al. Vascular factors and Alzheimer disease. Alzheimer Dis Assoc Disord 13: S106-14,1999.