脳血管性認知症と診断された患者さんへの対応を家族にどう指導したらよいでしょうか?

Answer
脳血管性認知症と診断された患者さんの特徴として、操作機能や反応、自分の意思表示に時間がかかることがあげられます。脳血管性認知症の特徴を把握した上での対応の指導が求められます。
下記に脳血管性認知症の特徴と対応の仕方を示しました。

脳血管性認知症の特徴と対応の仕方