日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ポケットマニュアル TOPへ

1 心筋シンチグラフィとは

心筋シンチグラフィとは

・心筋シンチグラフィとは、静脈に放射性同位元素を注射し、放出される放射線を撮影して、放射線量をコンピュータ処理して画像にし、心筋の血流やエネルギー代謝などをイメージングする検査である。

・2011年現在、年間約20万件の検査が日本で行われている。

表1 心筋シンチグラフィの特徴
利点

1.適切なイメージング製剤を選択することで、
心臓に関する様々な生理学的、生化学的情報が得られる

2.負荷検査が容易に行え、検査成功率がきわめて高い

3.侵襲性が低く、腎機能にも影響を与えない

4.定量評価が可能である

5.エビデンスが豊富である

欠点

1.検査費用が高価である

2.核医学専用の設備、施設が必要

3.放射線被ばく

心筋シンチグラフィの検査法

・心筋シンチグラフィは、運動や薬剤などで心筋に負荷をかける方法(負荷シンチグラフィ)と安静時に行う方法(安静シンチグラフィ)の2つに大別できる。

このうち心筋血流製剤を用いた負荷シンチグラフィは、もっとも多く行われている検査であり、一般的に安静時の検査と組み合わせて行われる。また必要に応じて胸部の正面画像(planar画像)を撮り、診断に役立てることもある。
以下に心筋シンチグラフィの一般的な検査法を示す 表2

表2 心筋シンチグラフィの主な検査法

検査方法

使用製剤

主な用途

備考

運動負荷
シンチグラフィ
(心筋血流)

T l(1回投与)
Tc心筋血流製剤
(2回投与)

虚血部位、虚血量、重症度、
心事故リスクの評価

負荷時の画像と安静時の画像を
組み合わせて評価

薬剤負荷
シンチグラフィ
(心筋血流)

T l(1回投与)
Tc心筋血流製剤
(2回投与)

虚血部位、虚血量、重症度、
心事故リスクの評価

運動のできない患者などに用いる

安静心筋
シンチグラフィ
(心筋血流)

Tl
Tc心筋血流製剤
(ともに安静時で1回投与)

viability、梗塞部位、心機能
(心電図同期SPECT)の評価

安静時に、基本的に1回の撮像で行う

安静心筋
シンチグラフィ
(その他)

BMIPP
(心筋脂肪酸代謝)
MIBG
(交感神経機能)

心筋の脂肪酸代謝や
交感神経機能の評価

安静時で2回撮像し評価する場合がある。
(1回目を早期像、2回目後期像という)

負荷心筋血流シンチグラフィ

運動負荷の適応

下肢の運動能力が充分であることが必要である。
運動が不充分であると(最大心拍数×最大収縮期血圧<25,000)虚血の診断能が低下する。
負荷前にきちんと問診を行い、充分な運動が不可能と思われる場合、薬剤負荷への変更が望ましい。

前処置(運動・薬剤負荷)

・原則として検査4時間前から絶食する。水分制限は無い。
・抗狭心症薬の当日の投薬は原則中止する。
・運動負荷ではβ遮断薬は前日から休薬することが望ましい。
・薬剤負荷の場合は、カフェインを12時間以上控える。

禁忌(運動・薬剤負荷)

表3 のように運動・薬剤負荷の禁忌に注意する。

表3 心筋シンチグラフィの禁忌
運動負荷シンチグラフィの禁忌
 急性心筋梗塞症(発症4日未満)
 高リスクの不安定狭心症
 急性または重症心不全
 コントロール不良の高血圧症(>200/110mmHg)
 重症不整脈、症候性高度大動脈弁狭窄症
 急性肺塞栓症または肺梗塞、急性心筋炎または心膜炎
 大動脈瘤や大動脈解離 
 重症肺高血圧症 
相対的禁忌
 左冠動脈主幹部狭窄、中等度の狭窄性弁膜症
 高度房室ブロック、頻脈性または徐脈性不整脈
 閉塞性肥大型心筋症などの流出路狭窄
 左脚ブロック、ペースメーカー(右室ペース)
薬剤負荷シンチグラフィの禁忌
 薬物治療抵抗性不安定狭心症
 ペースメーカー未治療のII-III度房室ブロック
 洞不全症候群・著明な徐脈、QT延長症候群
 高度な低血圧代償不全状態の心不全
 コントロール不良の気管支喘息やアミノフィリンの投薬を受けている患者
 収縮期血圧90mmHg未満
 アデノシン、ジピリダモールに対する過敏症

検査法

TlまたはTc血流製剤(TFまたはMIBI)を用い、下記の方法で負荷を行う。

・運動負荷法(自転車エルゴメータ)

20〜40Wから開始し、1分ごとに15〜20W上昇する多段階負荷法を用いる。
運動可能のピークと思われる時、または胸痛出現、有意な心電図変化の出現時に心筋血流製剤を静注し、1分間運動を継続して終了する。
但し、高度虚血が出現した場合には1分以内に終了するか負荷量を充分落とす必要がある。

運動負荷心筋シンチグラフィの一般的なプロトコル
運動負荷心筋シンチグラフィの一般的なプロトコル

・薬剤負荷法

アデノシン

持続注入ポンプを用いて120μg/kg/minで6分間静注する。
心筋血流製剤はその間3分後の時点で静注する。

ジピリダモール(ペルサンチン)

140μg/kg/minで4分間静注し、その3分後に心筋血流製剤を静注する。
副作用等の発現に応じてさらにその2分後にアミノフィリン(ネオフィリン注)125mgを静注し、ジピリダモールの作用を中和する。

薬剤負荷(アデノシン)心筋シンチグラフィの一般的なプロトコル
薬剤負荷(アデノシン)心筋シンチグラフィの一般的なプロトコル

心筋SPECTの撮像法

2検出器型ガンマカメラを用いた180度収集が推奨されている。
不整脈が顕著でなければ1心拍8〜16分割による心電図同期SPECTを実施する。
通常は仰臥位撮像(supine)を行うが、下後壁の集積低下がみられる場合には腹臥位撮像(prone)を追加すると良い。
同部位の吸収の影響が緩和された画像が得られる。
一方、前壁の集積がやや低下する傾向があるため両方の撮像法を考慮して診断するべきである 図1

図1SPECT撮像法

仰臥位撮像 supine(通常撮像法)

仰臥位撮像supine(通常撮像法)
LAO45°〜RAO45°180度収集

LAO45º〜RAO45º180度収集
・ステップ撮像(6ºstep 30 projection

腹臥位撮像 prone

腹臥位撮像prone

supine

supine/prone

prone

supine

supine

prone

prone

心筋SPECTの撮像法

SPECT検査の代表的なプロトコル