*2020年2月8日(土)、神戸市中央区のポートピアホールで開催された、第45回ニュータウンカンファレンス(NTC)のコンテンツです。

本コンテンツでは、心臓核医学検査に関する海外の最新知見、新しく改訂された安定冠動脈疾患の診断と治療に関するガイドライン、ISCHEMIA trialを踏まえた冠動脈疾患の診断と治療戦略、高齢者・心不全における心臓核医学によるアプローチ、血行再建の限界と薬物療法、冠動脈疾患の治療前後における虚血評価、臨床医に伝わるレポーティングの書き方など、多岐に渡るテーマについて紹介しています。

海外情報報告

海外の心臓核医学に関する最新の知見(真鍋 治 先生)

教育講演Ⅰ 保険診療の中で心筋SPECTを再考する

症例から学ぶ 慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版)(立石 恵実 先生)
症例から学ぶ 安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)(後藤 賢治 先生)
冠動脈疾患の診断・治療戦略に関する最新のエビデンス~ISCHEMIA Trialの結果を踏まえて~(香坂 俊 先生)
機能的虚血評価の医療経済学的インパクト(田倉 智之 先生)

シンポジウム 高齢者・心不全における心臓核医学によるアプローチ

心筋血流イメージング(竹花 一哉 先生)
BMIPPイメージング (虚血性心不全)(石黒 まや 先生)
BMIPPイメージング (TGCV)<br />
(宮内 秀行 先生)

指名講演

血行再建の限界と薬物療法でできること~ Heart Risk View-Sを用いたリスク評価~(坂谷 知彦 先生)

テーマディスカッション

血行再建の限界と薬物療法でできること~ Heart Risk View-Sを用いたリスク評価~(坂谷 知彦 先生)
治療前における機能的虚血評価(山田 愼一郎 先生)
治療後における残存虚血評価<br />
(川﨑 友裕 先生)

教育講演Ⅱ  臨床医に伝わるレポーティングの書き方

心筋SPECTにおける読影の標準化にむけて(桐山 智成 先生)
臨床に活かすレポーティング ~ノウハウの伝授~(小梁川 和宏 先生)