資料ダウンロード

アミロイドPETイメージング座談会

認知症診断・治療における
脳画像検査の意義と未来

アミロイド PET イメージングの先駆けである Pittsburgh compound Bの共同開発者で現在も同分野の研究を主導するKlunk先生とMathis先生(ピッツバーグ大学)と石井賢二先生(東京都健康長寿医療センター)に「最新の知見を踏まえたアミロイドPETイメージングの意義と臨床応用の可能性」をお話しいただきました。

 

  • ■ 早期検知の可能性と 定量評価への挑戦
  • ■ AUC(適正使用基準)と臨床応用に向けての課題
  • ■ 若年発症の患者への適用と意義
  • ■ 脳PETイメージングへの期待