ご利用にあたっての注意

「核医学(製品関連)FAQ」は、医療関係者の方を対象に、弊社製品をご使用いただく際の参考情報を提供することを目的としています。
ご使用者の判断と責任においてご活用いただき、その結果については責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認いただきますようお願いします。
本FAQを許可なく複写、複製、転掲、改変等を行うことはご遠慮ください。
製品についてご不明な点がございましたら、弊社製品お問い合わせ専用フリーダイヤル(フリーダイアル0120-076-941)にお問い合わせください。

 

※本サイトでの表記上の注意事項はこちら
テクネシンチ®注-20M 99mTc製剤
Q.各排泄経路での排泄率は?
F082008
A.

健常者8例において静脈内(4例)または経口(4例)投与後1日で約30%が尿中に排泄され、それ以降尿中への排泄はわずかでした。糞中排泄は投与後3~4日で最大量に達し、その後次第に減少し、投与後8日には投与量の約60%が糞中に排泄されました1,2)

【参考文献】
1) テクネシンチ注-10M テクネシンチ注-20M インタビューフォーム(改訂3版), 2009
2) Beasley TM 他 : Health Phys 12:1425-1435, 1966
mfaq190
Q.─脳シンチグラフィ─ 集積機序は?
F082008
A.

99mTcO4は血液-脳関門(blood brain barrier : BBB)を通過しないため、99mTcO4を投与したときの脳シンチグラム像は、健常人では脳実質に放射能の集積がないcold areaとして描出されます。しかし、脳腫瘍のようなBBB障害患者では、これを通過して腫瘍組織に高濃度に集積するため、その部分がhot spotとして描出されます。

また、病巣部における組織血管床の増加、即ち病巣内血液量の増加、腫瘍その他の病的組織内の血管壁の構造と機能の異常による透過性の亢進、病的組織内の細胞外液腔の増大、pinocytosis、carrier transport、passive diffusion、腫瘍などの代謝と関連した能動的なRIの取込み、その他の機構で取り込まれると考えられます1)

【参考文献】
1) テクネシンチ注-10M テクネシンチ注-20M 添付文書(改訂5版), 2014
mfaq191
Q.─甲状腺シンチグラフィ─ 集積機序は?
F082008
A.

99mTcO4は同じ1価アニオンであるIに類似した体内動態を示し、甲状腺に集積します1)

【参考文献】
1) 日本薬局方解説書編集委員会 編集 : 第15改正 日本薬局方解説書 p.C-908, 2006
mfaq192
Q.─甲状腺シンチグラフィ─
 甲状腺の描出がほとんどみられなかった症例について情報はありますか?
F050404
A.

無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、阻害型TSHレセプター抗体による甲状腺機能低下症において甲状腺の描出がほとんど認められなかった症例があったとの報告1)があります。

【参考文献】
1) 小西 淳二 他 : 臨床医のための核医学検査 内分泌 p.33-37, 1994
mfaq193
Q.─甲状腺シンチグラフィ─
 プランマー病で核医学検査を実施する場合の使用製剤や一般的な所見について情報はありますか?
F300022
A.

123Iと99mTcO4による方法があると報告されています1)
プランマー病における甲状腺シンチグラフィ(123I、99mTcO4)で、結節(腫瘤)に強い集積がみられた例が報告されています2)。また、「自律性にホルモンを分泌している結節はホルモンの材料となるヨードやテクネシウム(99mTcO4)をナトリウム/ヨードシンポーター(Na+/I+ symporter;NIS)によりTSH非依存性に濾胞細胞に取り込みます。ホルモン過剰となりTSHが抑制された状態では正常組織の取り込みは消失または低下するので、周囲組織との間に取り込み差ができて123Iまたは99mTcO4で検出することができます」と記載している報告3)もあります。

【参考文献】
1) 小原 孝男 : 診断と治療 92:359-365, 2004
2) 原田 種一 : 甲状腺・上皮小体の画像診断 p.180-182, 1994
3) 深田 修司 : あなたも名医!外来でどう診る?甲状腺疾患 p.71-78, 2011
mfaq194
Q.─甲状腺シンチグラフィ─
 異所性甲状腺腫で核医学検査を実施する場合の使用製剤、検査方法について情報はありますか?
F130424
A.

異所性甲状腺腫は舌根部に認められることが多いですが、99mTcO4では唾液腺への分布と重なり判別が困難となることから、123Iが望ましいとしている報告1)があります。
ただし、小児については、99mTcO4を優先的に行うことが多い1)、カプセルの内服が困難な場合は99mTcO4で施行する2)、との報告もあります。
検査方法については、舌根部の異所性甲状腺腫疑いの場合は頸部側面像も必ず追加するとしている報告3)があります。また、SPECT/CTが有用との報告4)もあります。

 

【参考文献】
1) 佐々木 望 : 小児内科 17:582-585, 1985
2) 竹内 昭 他 : 核医学Q&A p.370-371, 2001
3) 日本放射線技術学会核医学分科会 : 放射線医療技術学叢書(23) 核医学における臨床技術 p.92-93, 2005
4) Xu F 他 : Medicine (Baltimore) 97:e0239, 2018
mfaq195
Q.─唾液腺シンチグラフィ─ 集積機序は?
F082008
A.

99mTcO4は同じ1価アニオンであるIに類似した体内動態を示し、唾液腺に集積します1)

【参考文献】
1) 日本薬局方解説書編集委員会 編集 : 第15改正 日本薬局方解説書 p.C-908, 2006
mfaq196
Q.─異所性胃粘膜シンチグラフィ─ 集積機序は?
F082008
A.

99mTcO4は同じ1価アニオンであるIに類似した体内動態を示し、胃粘膜に集積します1)

【参考文献】
1) 日本薬局方解説書編集委員会 編集 : 第15改正 日本薬局方解説書 p.C-908, 2006
mfaq197
Q.─異所性胃粘膜シンチグラフィ─
 前処置について情報はありますか?
F030711
A.

日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会「核医学診断ガイドライン2008」1)の「Ⅴ消化器 7.メッケル憩室およびその他の異所性胃粘膜イメージング」では以下のように記載されています。

(d)検査の注意点:前処置、測定上の問題点、副作用など
食待ち空腹の状態で行う

 

 

他に、胃粘膜の血流量や胃液のpHなどが影響を及ぼすことから、検査当日、朝絶食とし空腹早期に施行するのが望ましいとの報告2)もあります。

【参考文献】
1) 日本核医学会 核医学イメージングガイドライン作成委員会 : 「核医学診断ガイドライン2008」 p.70-71, 2008
2) 横野 重喜 他 : 核医学技術19:372-385, 1999
mfaq198