認知症の診断フロー

認知症の診断フロー

監修: 東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム 石井 賢二 先生>

『認知症診療に脳SPECTを活かす!』はこちらから>

認知症(広義)の疑い

問 診 身体的および神経学的診察

受診動機
病歴の聴取
現在の症状の確認

神経心理検査
全身状態の検査
 (血液検査/胸部レントゲン)

大うつ病
せん妄/意識障害
精神発達遅滞

除外

除外

正常加齢に基づくもの忘れ
甲状腺機能低下症
悪性貧血(ビタミンB12欠乏)
神経梅毒/HIV/肺がん

認知症(狭義)の疑い
スクリーニング画像検査

X線CT/MRI

脳血管障害/頭蓋内占拠性病変/脳萎縮の確認

1

脳血管障害や器質的認知症の
鑑別に利用

治療可能な認知症

正常圧水頭症
硬膜下血腫
脳腫瘍
脳炎/脳症

除外

鑑別

その他

クロイツフェルト・ヤコブ病
脳アミロイドアンギオパチーと関連脳症
その他

血管性認知症

粗大病変
多発小梗塞

Binswanger型
戦略拠点破壊型

変性性認知症
神経障害マーカー
画像検査

脳血流SPECT/MRI

血流低下部位/脳萎縮の確認

病態特異マーカー画像検査

● ドパミントランスポーターSPECT:黒質線条体ドパミン神経の変性・脱落の確認

変性性認知症でも、画像診断の組み合わせにより、早期の診断も可能となる場合があります。
例:臨床診断が未確定なpossible DLB

● MIBG心筋シンチグラフィ:心臓交感神経機能の確認

2 3
変性性認知症の
鑑別に利用

鑑別

非AD型認知症
Lewy小体型認知症 進行性核上性麻痺 嗜銀顆粒性認知症
前頭側頭型認知症 大脳皮質基底核変性症 その他
アルツハイマー型
認知症(AD)

日本内科学会雑誌 100:2116-2124,2011より改編

*本資料にはMIBG効能効果外の内容を含みますが、使用を推奨するものではありません