日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

※本投稿規程は、『European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging』の2016年3月24日時点の投稿規程を日本メジフィジックス(株)が日本語翻訳したものです。投稿規程は予告なく更新されますので、必ず最新の投稿規程を確認するようにしてください。

Springerは英文サポートを行っていますか?

承認された原稿は我々の英文校正者(copyeditors)がスペルと文体(formal style)を確認する。著者の母国語が英語ではない場合これでは不十分となり、さらなる校正(substantial editing)が必要となるであろう。このような場合、著者は投稿前に原稿のネイティブ・スピーカーによる校正を依頼したくなるかもしれない。わかりやすく正しい言語は、編集者や査読者が論文の科学的な内容だけに集中することを助け、査読(peer review)の過程が円滑になる。以下の校正サービスはSpringer発行物に掲載されているすべての分野の科学記事についての言語校正を行う。

校正サービスを利用することは、原稿承認のための必須条件ではなくまた保証するものでもない。校正の手配や料金については校正サービス業者に直接お問い合わせください。

For Authors from Japan(日本人著者の皆様へ)
ジャーナルに論文を投稿する前に、ネイティブ・スピーカーによる英文校閲を希望されている方には、Edanz社をご紹介しています。サービス内容、料金および申込方法など、日本語による詳しい説明はエダンズグループジャパン株式会社の下記サイトをご覧ください。

エダンズグループジャパン
http://www.edanzediting.co.jp/springer_welcome?utm_source=springer&utm_medium=partner_link&utm_content=recommendation_page&utm_campaign=springer_general

受理されたら

論文が受理されたら、スプリンガーのウェブサイト上のAuthor Query Applicationにアクセス可能となる。そこで著作権の移譲に関する記述にオンライン署名を行い、Open Choice及び別刷りを希望するかどうか選ぶことができる。Author Query Applicationが完了すると、論文の手続きが開始され、その通知が届く。

開示の選択
通常の公開プロセス(論文が雑誌に投稿されると、定期購読者にその文献へのアクセスが認められる)に加えて、現在スプリンガーでは公開に関するオプション「Springer Open Choice」を提供している。Springer Open Choiceを適用した論文は、通常の購読スタイルの論文が受けられる全てのメリットに加え、スプリンガーのオンラインプラットフォームであるSpringerLinkを通じて公に閲覧可能となる。

著作権の移譲
著者は論文の著作権を出版元に移譲する(又は出版元に特別な出版権及び配布権を認める)よう依頼される。これは著作権法の下に情報に関する最大で可能な限りの保護と普及を保証するものである。Open Choiceを適用する論文については、著作権は著者に属するため、著作権の移譲を要しない。オープンアクセスを選択する場合は、著者はCreative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International Licenseの下で、論文を公表することに合意する。

別刷り
該当する著者は別刷りを注文することができる。

カラー印刷
カラー表示での公開は無料。

校正
校正の目的は、入力設定、変換エラー、本文及び図表の完成度ならびに精度をチェックすることである。新たな結果、数値の修正、タイトル及び著者の変更など、内容の本質に関する変更は編集者による承認を要する。
オンラインでの公開後の変更は訂正フォームを用いて行い、論文とハイパーリンクさせる。

オンラインファースト
校正済みの論文は受領後にオンラインで公開され、これはDOIによる引用が可能な最初の公式公開となる。雑誌発売後は、論文は巻やページ番号からも引用可能である。