トップページ > クリアボーン®キット調製記録用紙

キット製剤の調製方法

クリアボーンキット調製記録用紙

PDFダウンロード

基本情報

調 製 日       年   月    日 (  ) 調製作業者  
患 者 名   投与予定量            MBq
その他コメント  
ジェネレータ 製品名   製造番号  
検定日    年   月   日 (  ) 有効期限    年   月   日 (  )
溶出日時    年   月   日 (  ) 時 分  
放射能        MBq 液 量        mL
テクネシンチ注 製品名
製造番号   有効期限    年   月   日 (  )
クリアボーンキット 製造番号   有効期限    年   月   日 (  )

作業チェックシート

手袋を着用し,無菌性に配慮した
冷蔵庫からバイアルを取り出し,約5分放置して室温に戻した
バイアルを鉛シールドに納めた
バイアルのゴム栓表面をアルコール綿等で消毒した
未使用の滅菌処理済シリンジと針を使用した
1バイアルあたりに無菌的に加えた日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液の放射能,液量は決められた範囲内であった
 
放射能       MBq
液量       mL

*3〜9mL
 
バイアルを静かに振り混ぜて,内容物を溶解した
調製液に異物や着色などの異変はない
溶解後常温に10分間放置した
投与用シリンジに患者名・薬剤名を記入したシール,プランジャー識別シールを貼付した
投与用シリンジに採取した調製済薬剤
 
放射能       MBq
液量       mL