冠血行再建に核医学を活かす!
日本メジフィジックス
医療関係者専用情報TOPへ
現在の冠動脈治療には患者の予後改善が求められています。そしてPCIで患者の予後を改善するには、狭窄部の評価のみならず虚血部位を見極めその虚血を解除することが必要です。ここで必要な心筋虚血の評価は、核医学検査が大変得意としている分野です。安全性及び有用性が確立されておりエビデンスも豊富な心臓核医学検査が、改めて今、注目されています。