日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ブルークローバー・キャンペーン

オンコシード

ブルークローバーキャンペーンインタビュー インタビュー・座談会一覧へ

PSA検診で発見が増える前立腺癌に 小線源療法で高い治療効果を 青木 学 先生(東京慈恵会医科大学放射線医学講座 講師)斉藤 史郎 先生(国立病院機構東京医療センター泌尿器科 医長)

PSA検診で発見が増える早期前立腺癌に有効な治療法の一つに小線源療法がある。小線源療法とは、放射線を発する小さな線源を前立腺に留置し継続的に放射線治療を行う治療法。米国では1990年頃から実施され、現在では4万人以上がこの治療を受けている。日本では2003年に認可され、現在では90施設で実施が可能になった(2008年8月現在)。今回は、日本での小線源療法の第一人者のお一人である東京慈恵会医科大学放射線医学講座講師の青木学先生にお話を伺った。また、泌尿器科医の立場より国立病院機構東京医療センター泌尿器科斉藤先生よりコメントを寄せていただいた。 東京慈恵会医科大学 放射線医学講座 講師 青木 学 先生

日本におけるPSA検査はまだ十分ではない

前立腺癌は日本では増え続けています。
2005年には年間3万7000人以上の人が前立腺癌と診断されていますが、この人数は2010年には5万人を超え、2020年には8万人近くに達すると予想されています。

今後、ますます大きな問題となっていく前立腺癌ですが、その対策として必要なのは早期の段階で発見して治療を行うことです。10年余り前から、日本でもPSA検査がスクリーニングとして行われるようになり、早期の段階で治療を受ける患者さんが増えてきました。

前立腺癌はゆっくり成長するため、臨床的に前立腺癌と診断される直径1cmほどに成長するまでに30年以上を要します。ところが、ここを過ぎる頃から成長速度が加速され、3年ほどで直径2cmになると言われています(図1)。早期の段階で発見するためには、50歳を過ぎたら定期的にPSA検査を受けることが勧められます。

図1 前立腺癌の自然史

現在、日本で前立腺癌と診断される人のうち、早期癌は約4割で、残りの約6割は進行癌と考えられています。PSA検査が普及するにつれ、早期癌の人が増えていることは確かですが、進行癌も増えているという現実があります。このような現象が起きるのは、まだPSA検査によるスクリーニングが十分でないためなのです。

▲TOP