日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ブルークローバー・キャンペーン

オンコシード

2008〜2006年キャンペーン一覧へ

ブルークローバー・キャンペーン 2007シンポジウム

いま、がんは検診で防ぐ〜前立腺がんの早期発見の意味〜 パパの明日を、まもりたい。

急増する前立腺がん 治療の選択肢を広げる早期発見
前立腺がんは、2020年には日本の男性のがんの中で、 罹患 りかん 者数が第2位になると予測されています。一方で、進行が遅く、効果的な治療法も多いため、早期に発見できれば治りやすいがんともいえます。前立腺がんの早期発見の大切さと最新の治療について共に考える「ブルークローバー・キャンペーン シンポジウム」が9月9日、大阪市のクリスタルホールで開かれました。テーマは「いま、がんは検診で防ぐ」。専門家の講演とパネルディスカッションで、早期発見がなぜ大切なのか、治療の方法、医師や病院の賢い選び方などについて話し合われました。要約してご紹介します。

予防の心がけと、年に1回の検診を 日本赤十字社熊本健康管理センター副所長  三原修一先生

日本赤十字社熊本健康管理センター副所長  三原修一先生検診医の立場から、がん検診についてお話しします。現在、日本人の死因の第一位はがんであり、3人に1人ががんで死亡しています。特に成人男性では、女性の2倍以上のがん死亡率です。がん罹患率、死亡率ともに今後もさらに増え続けると推測されています。

がんは検診で早期発見するのが一番ですが、日本人のがん検診受診率は10〜20%で、欧米の70〜80%(乳がんや子宮がん検診)に比べて格段に低いのが現状です。検診の一つとして、人間ドックがあります。人間ドックは精度の高い検診で、早期がん発見率も高いという特徴があります。

人間ドックには、新しい検査機器や診断技術が取り入れられています。例えば胃がんは、X線透視と比較して、内視鏡では2〜2・5倍発見率が高く早期がん比率も高い。大腸がんも、便潜血検査に内視鏡を併用するとがん発見率も早期がん比率も高くなる。肝臓・ 胆嚢 たんのう 膵臓 すいぞう ・腎臓がんの発見には超音波検査が有用です。乳がんでは、超音波とマンモグラフィーの併用が、肺がんでは胸部CT検査が有効です。前立腺がんでは、PSA検査が非常に有用です。また、新しいがん検診手法であるPET-CT(陽電子放射断層撮影)では、発見しにくいがんもあり、内視鏡や超音波など他の検査との併用が有効です。

がんは症状が出てからでは手遅れです。症状がない早期に発見することが大切であり、そのためには検診が不可欠です。年に1回の検診を必ず受診し、要精密検査といわれたら、適切な医療機関で必要な精密検査や治療を受けてください。また、生活習慣の見直しや禁煙を心がけ、普段からがんの予防に努めることも大切です。

がん死亡率


▲TOP