市民公開講座 前立腺がんの危険シグナルを見逃さないで… 前立腺がんの早期診断と治療
前立腺がんは、アメリカでは男性でもっとも発生率の高いがんですが、日本でも高齢化や食生活の変化、ライフスタイルの欧米化によって患者が急増しています。2020年、日本人男性の罹患者は肺がんに次いで第2位になるという予測もされています。前立腺がんは、血液中の腫瘍マーカー(PSA)を測定することにより、自覚症状がほとんどない早期でも発見しやすいがんです。そして早期に治療することで、根治が可能ながんでもあります。今回の市民公開講座では、抽選で500名さまを対象に前立腺がんの正しい知識や早期診断・最新の治療法について、専門の先生方を招き、情報発信します。
開催日時
 
平成18年12月9日(土)
高知市文化プラザ「かるぽーと」大ホール
 受付 12:30
 開会 13:30
 終了 15:45(予定)
 PSA検査報告 15:45〜16:30
募集人員   500人
(※事前申し込みが必要です。)
簡易検査   50人
(※参加申し込みの際に「PSA検査希望」と明記ください。)
プログラム
 
■講演1
  私の健康法
  野球評論家 江本 孟紀さん
 
■講演2
  最近の前立腺がんの話題について
  高知大学医学部教授泌尿器科学教室 教授
執印 太郎さん
 
■講演3
  最新の前立腺がんの治療について
  高知大学医学部泌尿器科学教室
崎 一郎さん
 
■パネルディスカッション
  パネリスト
 ・江本 孟紀さん
 ・執印 太郎さん
 ・山崎 一郎さん
コーディネーター
  井津 葉子さん
 (RKC高知放送アナウンサー)
会場で無料簡易PSA検査を行います
50名限定 参加申し込みの際に「PSA検査希望」と明記ください。 PSA検査は、前立腺がんの早期発見に非常に有用な血液検査です。前立腺がんになるとPSAの値が高くなります。この検診の普及によって、がんが早期に見つかるケースが急増しています。
今回の会場では、PSAの値を短時間で測定できる「簡易PSA検査」を50人に限り無料で行います。これは前立腺がん検診が必要な地域を予測するために行うものです。
希望者は、参加申し込みの際に「PSA検査希望」とお書きください。希望者多数の場合は抽選となります。受診の方には聴講券発送の際、お知らせします。
参加申し込み方法 【締め切り11月27日(月)必着】
参加希望の方は、郵便番号、住所(聴講券送付先)、氏名、年齢、電話番号、希望人数をご記入の上、はがき、FAXまたはEメール(件名に前立腺がん市民公開講座と記入)にてお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選となります。参加者には、折り返し「聴講券」をお送りします。当日受付にて「聴講券」をご提示の上、ご入場ください。申し込みの際の個人情報は「聴講券」発送など、当市民公開講座の運営にのみ使用します

申込先「前立腺がん市民公開講座」係 
 
ハガキ   〒780-8572 高知本町局私書箱70号
FAX   088-824-6669
Eメール   koukoku@kouchinews.co.jp
問い合わせは高知新聞社広告局 TEL 088-825-4031へ
■主催:高知新聞社
■後援:高知県、高知市、高知県医師会、高知市医師会
■協賛:日本メジフィジックス(株)

>>日本メジフィジックス 医療関係者専用情報へ