日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ブルークローバー・キャンペーン

オンコシード

2008〜2006年キャンペーン一覧へ

ブルークローバー・キャンペーン サテライトシンポジウム

前立腺がんの早期発見・早期治療 ―からだにやさしい治療を考える―

「ブルークローバー・キャンペーンサテライトシンポジウム」(朝日新聞社主催)が12月に埼玉県さいたま市のラフレさいたまで開かれ、約250人が参加されました。泌尿器科の3人の専門医より、早期発見・治療の重要性と最新の治療法について講演が行われました。
パネルディスカッションでは放射線腫瘍科医の土器屋卓志先生、前立腺がんを患い実際に治療を受けられた翻訳家の藤野邦夫氏も参加され、事前に募った参加者の質問に答えながら最新の治療法などについて話し合われました。コーディネーターは朝日新聞編集委員・田辺功。

検診で早期発見、早期治療 群馬大学名誉教授 山中英壽先生

前立腺は男性の膀胱の直下に尿道を取り巻いているクルミ大の臓器です。前立腺の構造は内腺・外腺という2つの層に分かれていて、肥大症が起きる層は尿道の周りの中心部分なので尿の出が悪くなる、頻尿になるといった症状が現れ自覚しやすいのですが、前立腺がんが発生しやすいのは外腺と呼ばれる外側の層で、自覚症状を伴わないため、早期には気づかない場合が多い点が問題です。

群馬大学名誉教授 山中 英壽先生 前立腺がんのリスク因子は人種、年齢、家族歴であり、欧米人に多い疾患でしたが、日本でも高齢化や食事の欧米化で動物性脂肪摂取量が増えたため、前立腺がんは急増しています。現在、国内の前立腺がんの年間発症数は約4万人ですが、2020年には8万人にのぼり、男性のがんでは肺がんに次いで多くなると疫学者はみています。しかし、発症者の多いアメリカではすでに早期発見による治療の成果が現れてきて近年死亡数が下がってきており、いかに早期発見のための検診を推進することが重要かうかがえます。

前立腺がんの早期発見に有効な検査としてPSA検査があります。一般の血液検査の一部を使ったわずかな血液で簡単にどこの施設でも行え、判定が明確な方法です。PSAで高値を示した方は、細胞を針で取って実際にがん細胞があるかを見る生検を行います。日本では1992年からPSAが保険適用となっていますが、生検と併せた診断法の進歩により発見率が大幅に増えています。

群馬大学グループによる疫学研究によると、PSA集団検診で発見された群では骨にまで転移しているような進行した病期の患者さんが大変少なくなってきており、生存率も上がってきています。また、オーストリアのチロル地方では1993年からのPSA検診実施後、転移がんの人が減り続け、1998年にはほとんどいなくなり、前立腺がん死亡率の減少効果も認められています。

■前立腺がんII/II期の治療治療方法としては、触知不能、またはがんが前立腺内に限局しているI期、II期の早期がんでは、表に挙げた多岐にわたる選択肢の中から自分に最適な方法を選べます。前立腺被膜を超えて進展したIII期では内分泌療法と放射線療法、残念ながらIV期の転移したがんではホルモン療法で抑えていくという治療にならざるを得ません。

最適の治療選択をするためには、こうしたシンポジウムに来られるなど、前立腺がんの知識を深めることが重要です。アメリカ、カナダにある患者さんを支援する団体にならって、群馬県では「NPO群馬前立腺がん患者さんを支援する組織」を設立し、医学情報提供、患者さん同志の意見交換、講演会、学術的研究の支援を行い、患者さんと医療従事者との水平な理解関係をつくることに努めています。

▲TOP