日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

ブルークローバー・キャンペーン

オンコシード

2008〜2006年キャンペーン一覧へ
ブルークローバー・キャンペーン 2008

パパの明日を、まもりたい。早く見つける、それが第一歩。

中高年男性に多く見られる前立腺がんは日本でも近年罹患率が急増し、2020年には罹患者数が肺がんに次ぐ第2位になると予測されています。しかし、早く発見できれば効果的な治療法が多く、治りやすいがんでもあります。
前立腺がんで命を落とす人を一人でも減らしたい−−。
そんな願いを込めて、ブルークローバー・キャンペーンは、今年も前立腺がんの「早期発見・適切治療」の大切さを伝える活動を展開しました。

ブルークローバー・キャンペーンに寄せて 鳥越俊太郎

ブルークローバー・キャンペーン2008 メーンサポーター:鳥越俊太郎さん・鳥越さやかさん私は2005年10月大腸がんの手術をしました。がん、というのは厄介なもので、その手術だけじゃ終わりじゃないんですね。大腸がんの原発巣から知らぬ間に肺に転移していて左の肺に2 カ所の転移がありました。もちろん、そんなもの摘出すればそれでお仕舞なんですけど、右の肺にもあると医師に言われ、結局右の肺も胸腔鏡下手術をやりました。
結果はシロ、良性の腫瘍でしたが、大腸がんから始まって合計3 回も身体にメスを入れてしまいました。私の場合はがんのステージは4 期でした。原発から遠隔転移が発見された時点で4期と呼ばれるんですね。しかも大腸がん4 期の5 年生存率は20〜25%だと専門家の先生は言うんですから、私もまだまだがんとの戦いは続けていきそうです。
これもすべてがん検診をもっと早くやっていて、がんを見つけていればもっと簡単だったはずです。前立腺がんも同じでしょう。検診は愛−−早く検診に行きましょう!!

活動1 父の日スペシャルイベント2008.6.12 「知ってください前立腺がんのこと」トークショーと歌声で呼びかけ

「父の日」を前にした6月12日、東京の丸ビルでトークショー&コンサートを開催しました。
トークショーでは、専門医の群馬大学泌尿器科准教授・伊藤一人先生(写真上・左)が前立腺がんについて解説。「三波春夫PSAネットワーク」元代表の八島美夕紀さん(同右)が、「奥さんや娘さんからも検診を勧めて」と訴えました。
続くコンサートでは、今年のキャンペーン・メーンサポーターの鳥越俊太郎さんと娘のシャンソン歌手・鳥越さやかさんが登場し、『愛の讃歌』やオリジナル曲を仲良く披露しました。
さらに乳がん闘病を公表した山田邦子さんが団長を務める「スター混声合唱団」の皆さんも加わって、集まった多くの聴衆の皆さんに「がんに負けない!」との力強いメッセージを贈りました。

活動2 おやじバンドフェスティバル2008.5〜8月

40歳以上のアマチュアバンドが参加する「おやじバンドフェスティバル」(日刊スポーツ新聞社など主催)に特別協力しました。
全国6地区での予選大会には約600ものバンドが参加。勝ち抜いた6バンドが8月7日に東京・明治神宮外苑軟式球場で開催された決勝大会に出場し、パワーあふれる演奏を聞かせました。
当日は神宮外苑花火大会の日でもあり、集まった大勢の観客に向けて、メッセージビデオを上映したり、啓発パンフレットやうちわを配布したりしてキャンペーンへの関心を高めました。
演奏後は、大会の審査員であり、キャンペーンのサポーターも務める岸田一郎さん(写真左)が特別ゲストとして登場。キャンペーンをきっかけに毎年PSA検査を受けていると話し、検査を受ける大切さをアピールしました。

活動3 ブルークローバー・シンポジウム2008.9.15 まずは知ることから始めよう 前立腺がんの検診と治療について

9月は「がん征圧月間」。専門の医師の方々の講演を中心に、前立腺がんへの理解を深めようと、シンポジウムを大阪で開催しました。
三重大学教授の白石泰三先生は病理学が専門。顕微鏡で見つかるごく小さながんの段階でも前立腺がんが増えていることを紹介して、検診の重要性を説明。また、前立腺がんのがん細胞から悪性度が判定でき、治療法選択のカギになることも解説されました。
香川大学泌尿器科教授の筧善行先生は、前立腺がんのリスクの度合いや年齢に応じて手術、放射線治療、ホルモン療法、待機療法など、様々な選択肢があることを概説。メリットや副作用などのデメリットを踏まえ、患者さんの価値観に合わせて選んでほしいと強調しました。
さらに、前立腺がんを経験した患者さんにも今回、参加していただけました。兵庫県在住の武内務さんはインターネットを活用して、自分に最適な治療法にたどり着くまでの経緯を、納得のいく治療を受けるための参考に、と披露しました。ゲストの女優・三林京子さんも、自分の希望を勇気を出して医師にも伝えましょうと訴えました。

活動4 日本スリーデーマーチ2008.11.1〜3

埼玉県東松山市を中心に、11月1〜3日に開催された国内最大のウオーキング大会「第31回日本スリーデーマーチ」(日本ウオーキング協会、埼玉県、朝日新聞社など主催)。3日間で延べ約8万3千人が参加したこの大会でも啓発活動を展開しました。 前立腺がんの正しい知識を紹介するパンフレットやピンバッジを配布したほか、群馬大学准教授の伊藤一人先生と勅使川原郁恵さん(ウオーキング親善大使、スケート・ショートトラック元五輪代表)のトークショーも開催しました。ウオーキングを終えたすがすがしい顔の参加者たちも高い関心を寄せていました。

2008〜2006年キャンペーン一覧へ

▲TOP