メタストロン®注TOPへ戻る

メタストロン注〔塩化ストロンチウム(89Sr)〕による骨転移の疼痛緩和治療

ストロンチウム-89適応候補患者チェックリスト

PDF

ストロンチウム-89適応候補患者チェックリスト

ストロンチウム-89適応候補患者チェックリスト

1) 血液学的検査でこれらの値以下であれば、必要に応じ骨髄穿刺、骨髄生検等で骨髄抑制の状況を確認し、重篤な骨髄抑制 がなければ慎重投与。重篤な骨髄抑制のある患者への投与は禁忌である。

2) トロンビン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)の検査も推奨される。DICが疑わしい場合は、骨髄生検や骨髄穿刺検査を 実施し、腫瘍の骨髄浸潤の有無を確認して、DICの原因を明確にする。

3) 「いいえ」があるが、Sr-89治療の対象と考える場合には、特記事項欄に妥当と考えた理由を記載する。

特記事項:

日付:日      記録:所属   氏名

血液学的検査値による選択基準(臨床編 p.5 より)

  選択基準 禁忌:重篤な骨髄抑制 備考1)
NCI-CTC2)の目安 Grade 1 Grade 3-4 Grade 0
血小板数(/mm3 ≧ 75,000 < 50,000 ≧ 100,000
白血球数(/mm3 ≧ 3,000 < 2,000 ≧ 5,000
好中球数(/mm3 ≧ 1,500 < 1,000 3)
ヘモグロビン(g/dL) (≧ 9.0)4) < 8.0 ≧10.0

1) 参考値:米国核医学会ガイドラインにおける望ましい検査値。

2) NCI-CTC:NCI 共通毒性規準。

3) 米国核医学会ガイドラインで望ましい好中球数に相当する値は顆粒球数>2,000/mm3

4) ヘモグロビン 9.0g/dL はNCI-CTC Grade 2 に相当。

播種性血管内凝固症候群(DIC)診断基準(厚生省特定疾患血液凝固異常症調査研究班1988 より)

得点 1点 2点 3点
血清FDP 値(μg/mL) 10≦ <20 20≦ <40 40≦
血小板数(×104/mm3 12≧ >8 8≧ >5 5≧
血漿フィブリノーゲン濃度(mg/dL) 150≧ >100 100≧  
プロトロンビン時間(時間比) 1.25≦ <1.67 1.67≦  
基礎疾患 あり    
出血症状 あり    
臓器症状 あり    
合計点: 判定 7点以上:DIC、6 点:DIC疑い、
5点以下:DIC の可能性少ない

D-ダイマー/FDP 換算表

会社名 FDP10μg/mL
D-ダイマー(μg/mL)
FDP25μg/mL
D-ダイマー(μg/mL)
会社名 FDP10μg/mL
D-ダイマー(μg/mL)
FDP25μg/mL
D-ダイマー(μg/mL)
シスメックス 5.4 13.2 ヤトロン 6.63 16.31
日水 10.4 27 ロシュ 4.1 10.1
バイオビュー 6.5 8.82