製品情報

製品情報TOP > (副)甲状腺 > テクネシンチ®注-20M

テクネシンチ®注-20M

テクネシンチ®注-20M脳腫瘍、脳血管障害、甲状腺疾患、唾液腺疾患、異所性胃粘膜疾患の診断に使用します。
セレブロテックキットを除く各種標識キットとの組み合わせ検査が可能です。

一般名

過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液

効能又は効果

脳腫瘍及び脳血管障害の診断
甲状腺疾患の診断
唾液腺疾患の診断
異所性胃粘膜疾患の診断

用法及び用量

  1. 脳シンチグラフィ
    通常、成人には74〜740MBqを静注し、静注後10〜30分までに(やむを得ず経口投与の場合は1〜2時間後に)被検部のシンチグラムを得る。
  2. 甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定
    通常、成人には74〜370MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。同時に甲状腺摂取率を測定する場合には、投与量のカウントと被検部のカウントの比から甲状腺摂取率を測定する。また、7.4〜74MBqを静注することにより、甲状腺摂取率のみを測定することもできる。
  3. 唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ
    通常、成人には185〜555MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。必要に応じ、唾液分泌刺激物による負荷を行い、負荷後のシンチグラムを得る。また、時間放射能曲線を作成することにより、RIシアログラムを得ることもできる。
  4. 異所性胃粘膜シンチグラフィ
    通常、成人には185〜370MBqを静注し、静注後被検部のシンチグラムを得る。

    投与量は、年齢、体重により適宜増減する。

貯法

室温、遮光保存

有効期間

製造日時から30時間

包装(容量)

740MBq(1.0mL)

規制区分

処方せん医薬品
注意−医師等の処方せんにより使用すること

承認番号

20200AMZ00850000

承認年月日

1990年8月2日

薬価基準収載医薬品コード

4300412A1010

薬価収載年月日

1982年9月30日

GS1-RSSコード(調剤包装単位・販売包装単位)

04987489102318・14987489102018

JANコード

4987489102011

 
添付文書 インタビュー
フォーム
製剤写真  
PDF(添付文書)
(192KB)
PDF(インタビューフォーム)
(189KB)
製剤写真
(104KB)
製品関連FAQ
このページのトップへ