日本メジフィジックス株式会社 医療関係者専用情報

ポケットマニュアルStrontium(89Sr) chloride
メタストロン注[塩化ストロンチウム(89Sr)]による骨転移の疼痛緩和治療



■目次

1. ストロンチウム-89の化学・物理的特性及び集積・疼痛緩和機序
2. ストロンチウム-89の臨床的特長
2-1. 疼痛緩和効果
2-2. 重要な副作用
3. 臨床適応
3-1. 有痛性骨転移の緩和治療と本剤の位置づけ
3-2. 効能又は効果
3-3. 禁忌(次の患者には投与できません)
3-4. その他の選択・除外基準
3-5. 慎重投与(次の患者には慎重に投与して下さい)
3-6. 反復投与・他の治療方法との併用
3-7. 臨床適応
3-8. 適切な患者の選択
4. ストロンチウム-89による治療
4-1. 本薬投与前の患者への説明及び指導
4-2. 前処置(本薬投与前の患者への指導)
4-3. 投与量と投与方法
4-4. 投与後の患者管理
4-5. 放射線安全管理上の注意
5. その他
6. ストロンチウム-89治療のQ&A

巻末付録
図1. 有痛性骨転移における悲観血的疼痛緩和療法
表1. 患者・家族(介護者)への安全管理上の注意事項一覧
表2. 医療従事者への安全管理上の注意事項一覧
表3. 医療従事者への注意事項(本薬投与時の注意)
表4. ストロンチウム-89適応候補患者チェックリスト

総ページ数:50P


■監修

日本アイソトープ協会医学・薬学部会
アイソトープ内用療法専門委員会


>>日本メジフィジックス 医療関係者専用情報へ