日本メジフィジックス 医療関係者専用情報

腎臓【主な核医学検査】

腎動態シンチグラフィ(レノグラム)

使用される放射性医薬品
99mTc-MAG3 【商品名:MAGシンチ®
検査の原理
本剤は腎尿細管に高率に取り込まれ、排泄されます。腎での摂取は、有効腎血漿流量(ERPF)や有効腎血流量を反映しますので、腎・尿路における薬物動態を経時的に撮像し、その推移を解析することにより、腎血流、腎実質機能、尿路の通過状態及び腎の形態を非侵襲的に診断することが可能です。
検査の流れ、注意事項
検査の30分前に利尿を促すために水300mlを飲みます。検査直前に排尿をし、仰臥位で寝た患者さんの背面に検出器を合わせて、99mTc-MAG3静注直後から約20分間程度の動態(連続)撮像をします(座位での検査もあります)。また、検査にはカプトプリル負荷検査や利尿剤負荷検査もあり、前者はコントロール検査と2回に分けて実施し、後者は検査の途中で利尿剤を投与します。
解析方法、定量法
左右の腎臓の時間-放射能曲線(レノグラム)のパターンから定性的に腎臓の機能評価をしたり、99mTc-MAG3の腎摂取率や腎クリアランスから有効腎血漿流量が計算でき、分腎機能が定量的に評価できます。

腎動態シンチグラフィ(MAGシンチ注)レノグラム

レノグラム曲線解析

臨床的意義
  • 閉塞性腎疾患や腎血管性高血圧症、腎腫瘍などにおける分腎機能評価や治療後の経過観察に有用です。
  • 移植腎の機能評価が可能です。
  • 利尿剤を負荷して検査を行う利尿レノグラフィでは、尿路系の拡張が器質的な閉塞によるものか、機能的なものかの鑑別が可能です。