PET検査概要・解説
PET検査の放射線
PET検査での被曝線量は、1回あたり約3.5mSv(ミリシーベルト)です。これは人が1年間に自然界から受ける2.4mSvの約1.5倍の量です。また最近のX線CTを組み込んだPET/CT検査では、X線CTによる被曝(数mSv〜十数mSv)が加わりますが、この線量で急性の放射線障害が起こることはありませんので、ご安心ください。

PET検査の放射線




前画面に戻る 画面上部へ 次画面へ進む
Copyright Nihon Medi-Physics Co.,Ltd. All Rights Reserved.