エキスパートに聞く!認知症画像診断フロー

認知症の薬物や行動学的手法による治療法の進歩で、早期診断や早期介入の必要性が認識されるようになり、
			「画像診断」は認知症鑑別診断、早期診断において欠かせないものとなっています。
			認知症の鑑別診断で使用される画像診断は
			治療可能な疾患を鑑別する「スクリーニング画像検査」
			変性型認知症を鑑別する「神経障害マーカー画像検査」
			アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の鑑別で使用する「病態特異マーカー画像検査」
			に分けることができます。
			これらの画像検査の認知症診療における位置づけと、画像所見の特徴について
			地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム 研究部長 石井 賢二 先生に解説いただきました。

スクリーニング画像診断(X線CT/MRI) 種々の脳疾患を鑑別する上で必要な「スクリーニング検査」について紹介いただきました。

神経障害マーカー画像検査(MRI/脳血流SPECT) 変性型認知症の鑑別に主として使われる「神経障害マーカー画像検査」について解説いただきました。

病態特異マーカー画像検査(ドパミントランスポーターSPECT) 疾患特異的な病態変化を反映する「病態特異マーカー画像検査」について解説いただきました。