トップメッセージ

ホーム > 企業情報 > トップメッセージ

放射性医薬品のリーディングカンパニーとして「分子イメージング」分野で医療課題の克服に貢献します

日本メジフィジックスは、放射線の特徴を活かして医療に役立つ製品を提供することを通じ、社会に貢献してまいりました。高品質な放射性医薬品ならびに関連製品を安定的に供給し、医療ニーズに合致した有用性の高い製品や技術を継続的に開発することを当社の社会的使命とし、ステークホルダーの方々から信頼いただける企業であり続けたいと考えています。
医療技術の進歩により、医療環境は刻々と変化を続けています。当社の主な事業分野であるSPECT・PETと呼ばれる核医学検査は、生体内の微妙な変化をとらえて画像化する「分子イメージング」という技術であり、医療課題の克服に幅広く力を発揮できる可能性があります。特にPET検査はがん診療になくてはならないツールとなりましたが、当社は2005年に国内初のPET検査用放射性医薬品の承認を取得し、以来10年以上にわたり全国に供給、2015年には10か所目の製造拠点が稼働し、より一層、安定供給できる体制が整いました。さらに放射性医薬品の製造・供給で培われた技術と経験を生かし、非臨床・臨床の両ステージでPETイメージングを創薬活動のツールとして活用いただくための受託事業を開始しました。当社は研究開発型製薬企業として新製品開発、製品群の充実にも鋭意取り組んでいます。
今後とも当社は自らの強みを活かしつつ、一人でも多くの患者さんや患者さんを取り巻く方々のお役にたてますよう、力を尽くしてまいります。
引き続き皆さまのご理解とご支援をよろしくお願い申しあげます。

社長 下田 尚志

このページの先頭へ