製品情報

ホーム > 製品情報

医療のニーズを反映する

当社の核医学検査用放射性医薬品は、生体に投与してその分布を画像化することにより、疾病の発見や臓器機能の判定ができ、的確な診断に役立っています。

また、診断分野での経験とノウハウを発展させ、前立腺がんの小線源療法やがんの骨転移による疼痛の緩和治療などに用いる新製品として、核医学の新たな可能性を形にしています。

日本メジフィジックスは、さまざまな医療の目的に合わせて豊富な製品をご用意しています。

診断分野の製品について

核医学検査用放射性医薬品

脳、心臓、悪性腫瘍をはじめ、幅広い検査目的に対応する製品を取りそろえ、全国1200以上の医療機関に供給しています。

主要製品概要

治療分野の製品について

ヨウ素125治療用密封小線源(高度管理医療機器)

ラジオアイソトープ(放射性同位元素)ヨウ素125を用いた小線源療法用高度管理医療機器。従来の外科手術に比べ短い処置時間の上、副作用や後遺症を低減し、患者さんのQOLを考慮した治療法の浸透を、医療機関と連携し進めていきます。

骨転移疼痛緩和剤 塩化ストロンチウム(89Sr)注射液

がんの骨転移による疼痛緩和に用いる塩化ストロンチウム(89Sr)というラジオアイソトープを用いた放射性医薬品を国内で初めて発売しました。

製品に関する重要なお知らせ

当社の製品について重要なお知らせがある場合にご案内します。

核医学関連情報

当社の製品に関連する分野の医療情報や核医学検査について患者さんや一般の方々を対象の情報を集めました。

関連リンク

  • 企業情報

    日本メジフィジックスの会社概要についてはこちら。

このページの先頭へ