福利厚生

ホーム > CSR 核医学とともに > 社会から信頼される企業であり続けるために > 雇用・人材・人権 > 福利厚生

健康増進対策

健康維持・増進の取り組み

当社では、従業員の健康維持・増進のため労働安全衛生法に定める定期健康診断、特殊健康診断の全員受診はもとより、歯科検診、インフルエンザ予防接種、産業医による講演会、健康に関する情報提供を実施しています。
メンタルヘルスに関しても、社内外の相談窓口を設置するとともに、管理社員と全従業員を対象に、それぞれの立場に応じたセミナーを定期的に実施しています。
また、2016年度には、保健師が常駐する健康相談室を開設し、健康診断結果に対する個別指導等従業員の心身の健康の維持、増進に努めています。

健康相談室の開設

2016年7月に本社(東京)に健康相談室を開設しました。健康相談室には保健師が常駐し全従業員を対象に心身の健康に関する相談、健康診断結果に対するフォロー、健康情報の発信等を行っています。
特に健康診断結果で気になる人については、直接保健師から健康指導が入ることにより、早期治療・生活改善を促しています。

保健師のコメント

「以前から健康診断受診率100%で産業医による就業判定も行われていたため、結果が極端に悪い方はいないので安心しました。心身の健康状態は仕事や置かれている環境、ライフイベント等の影響を受けることも多いので数値だけにとらわれず、社員一人ひとりの健康を全人的にサポートしていきたいと思っています。」

マイチョイス(カフェテリアプラン)制度

従業員のライフスタイルの多様化に対応するため、宿泊・レジャー・スポーツ・グルメなどの余暇支援サービスや、育児・介護・健康などの生活支援サービスなどで幅広い福利厚生メニューを揃えているベネフィット・ステーションに加入しています。
また、各自に付与されるマイチョイス(カフェテリアプラン)のポイント管理もベネフィット・ステーションのWEBサイト上で実施し、効率的に活用しています。

このページの先頭へ